働きやすい環境は自分で作る!破天荒キャバ嬢・水野有美(BAY RICH)の生き方

キャバ嬢歴は既に10年越え!完全自由な出勤スタイルにも関わらず、ちょっと特殊なキャラクターから全国にファンを抱える水野有美さん。

破天荒でマイペースな働き方を決して曲げない有美さんですが、一体どのようにその人気を勝ち取ったのでしょうか!?インタビューを通じて、有美さんのマイペース出勤の秘密やお客様に愛される秘訣に迫りました♡

【水野有美(みずのゆみ)】1989年生まれ。愛知県出身。18歳で名古屋・錦の「club Rui」にてキャバ嬢デビューを果たし、22歳の時に現在の「BAY RICH」に移籍。週に2、3回の少ない出勤日数でありながら、飾らない雰囲気と特殊なキャラクターで全国各地にファンを抱えるナンバー嬢に。キャバ嬢歴は10年を越え、益々その魅力に磨きがかかるベテランキャバ嬢の1人。

あくまで貫くのは“レアキャラ”

編集部
早速ですが、有美さんは自由度の高いキャバクラの中でも特に働き方が自由だなって思うのですが、基本的にはいつも何日ぐらい出勤されてるんですか??

有美さん
週2~3日ですね。

編集部
少なめですね!事前にシフトを出して、「来週この日に出勤します!」って伝えるんですか??

有美さん
言わないです!(キッパリ)

編集部
えっ!いきなり、今日出勤しようかな?と思ったらお店に行くっていう感じなんですか??

有美さん
そうですね!

編集部
それって、お客様が有美さんがお休みの日にお店に来ちゃったりしないですか??

有美さん
お休みの日にお客様が来る事は、めちゃくちゃあります。だからお客様から電話がかかってくるんですけど、

「今日は行かないじょ〜〜」

とか言ったりして(笑)。

編集部
(笑)

その時のお客様の反応は…?

有美さん
「またいないの!?」みたいな感じですね(笑)。

編集部
絶対そうなりますよね!?(笑)

ということは、有美さんがお客様に合わせるというよりは、お客様が有美さんに合わせてる感じなんですか?

有美さん
もちろん、お客様に合わせるときもありますよ!(笑)

でも本当に気分が乗らないときは「ごめんね、今日は無理かも」って言って断ります。

編集部
なるほど…!No.1キャバ嬢っていうとやっぱり毎日出勤をしてる方も多いと思うんですけど…。それを見て「毎日出勤しよう」って思う事はないんですか??

有美さん
いや、それは思いますよ!(笑)

だけど、「10回来てくれて11回目でやっと会えた」っていうレアなパターンの方が会えたとき嬉しくないですか?「やっと幻のポケモン捕まえた!!」みたいな気分になって欲しくて♡(笑)

編集部
すごい…!

じゃあ、お客様も結構長いお付き合いの方が多かったり?

有美さん
そうですね!6、7年ぐらいずっと来てくれてる人もいるのかな?長い人は結構長いです!

インスタでお客さんが来てたら出勤

編集部
SNSとかはどのぐらいの頻度でチェックされますか?

有美さん
Instagramは毎日チェックしますよ♪

キャバ嬢の女の子って基本自分が出勤する日に「今日いるよ♡」って投稿すると思うんですけど、私の場合は逆で。

お客さんのインスタを見て「今日は、誰がいるかな?」って確認してから行きます(笑)

こっちから連絡すれば「迎えに行くよ!」って言ってくれるお客様もいるんですけど、そのときは「迎えはいいから、ちょっと待っとって♡」って返してから支度します(笑)

編集部
すごい、斬新な使い方…!!(笑) 連勤はあんまりしないんですか?

有美さん
基本しないです!!

唯一連勤するのが、自分の誕生月とお店の周年の時期。2月21日が誕生日だから、バースデーイベントの期間は毎日ヒイヒイ言いながら出勤してます(笑)
『毎日出勤するとこんなに儲かるのか…』 って思いながら帰ってます(笑)

編集部
そうなんですね!そう思ってはいるけど、お誕生日が終わると平常運転に戻るんですか?

有美さん
すぐ戻ります!(笑) 稼げるからといって、毎日出勤しようとは思わないかな~。お店側も私がそういう出勤スタイルでいることを曲げないから、折れてくれて今では理解してくれてます(笑)

編集部
優しい…!

『とにかく楽しく生きる』ことが自分の中のテーマだと伺いましたが、ただ自分勝手に生きるという訳ではなく、黒服さんやお客様との信頼があってこそ成り立つという事ですね!

オフの日は専らインドア

編集部
お休みの日はどんな風に過ごしてるんですか?

有美さん
基本、家にいます!(笑)

あんまりお出掛けとかはしたくなくて。ゲームしたり、テレビ観たり、 同じマンションの住民の部屋にお邪魔して、ご飯食べに行ったり(笑)

編集部
えっ…!?(汗)同じマンションの住民って、お友達とかですか…?

有美さん
もちろん!(笑) 違う階に住んでるから、ぷら~っと行って、「お腹すいた~」って。

編集部
そんな風に可愛く来られたら、断る訳にはいかないですね…!(笑) 自炊はあんまりされないんですか??

有美さん
時々しますよ!ドラマが好きなので、海外ドラマを観ながらご飯を食べたりします。でも最近は、Netflixでバチェラーのシーズン3を見始めたらすごいハマっちゃって。他のシーズンは観てなかったんですけど、最近はそればっかり観てます(笑)

「居酒屋待機」の人気キャバ嬢

編集部
有美さんみたいな自由な出勤スタイルだと、待機場所とかはどうしてるんですか?

有美さん
今はあんまりしてないですけど、昔はよく居酒屋で待機してました!(笑)

編集部
えっ!居酒屋で!!??

有美さん
はい!(笑) 当時居酒屋で待機するのが、自分の中でちょっとした流行りで。

お店の下とか、近くの知り合いのお店でご飯を食べながら 1杯引っ掛けて(お客様が)誰か来たら出勤 、みたいな(笑) 今も時々やるんですけど…。

編集部
待ち合わせのサラリーマンみたいですね(笑)

でもそれで毎月ナンバーに入ってるのは、何か秘訣があるんですか…?

有美さん
正直、私も毎月ナンバーに入ってる理由はよく分からないです(笑) もちろん、大幅に出勤してない月はナンバーから外れるときもあるけど、それもあんまり気にしてない。

本当に自然体だから、『(売上的に)まずいな』って思うときがあっても、『ま、来月頑張ればいっか!』って開き直っちゃうんです(笑)焦ったり、病んだりして『悔しい』って思う時間がもったいないと思うんですよね!

編集部
焦るくらいなら、楽しく生きてた方がいい!という事ですか?

有美さん
そうです!!もし1ヶ月の売上がとれなくても、それはそれで『縁がなかった』って思うようにしてます。

働きやすい環境は自分で作る!!

編集部
有美さんのお客様は、どんな人が多いんですか?

有美さん
お客様のほとんどが経営者さんかな。40代ぐらいの。

私がこういう出勤スタイルだからか、サラリーマンの方は少ないですね。同じ時間帯に来られても、私がいないので(笑)

編集部
なるほど!(笑) 週2~3日しか出勤しない、と決めているのには何か理由があるんですか?

有美さん
う~ん、、なんとなく自分の中で週2~3日がベストなんですよね。それ以上働いたら疲れちゃうかなって。

編集部
あくまでも自分のできる範囲で働くスタイルという事ですか??

有美さん
そうですね。基本的には、無理しないでマイペースにやってます!

編集部
素朴な疑問なのですが、有美さんはフリーのお客さんに付いたりしますか??

有美さん
うーん、基本は付かないです!でも、2ヶ月に1回ぐらい、お店の状況によってはフリーのお客様にも付きますよ♪

編集部
新規指名のお客様が、自由出勤の有美さんを指名したいときは…?

有美さん
地方のお客様とかは『この日に名古屋行くから、絶対いてほしい!』 ってお願いされることも多くて。事前に言われている時はさすがにお客様に合わせて出勤します♪

編集部
事前予約制みたいな感じですか??

有美さん
事前予約…言われてみたらそうですね(笑)

大事なのは“考えすぎない・焦らない”

編集部
どんな感じの、接客スタイルですか?

有美さん
めっちゃこのままですよ!普段と全然変わらない(笑)
だからたまに「何しゃべってるか分からない」って、お客様に言われることもあります(笑)

編集部
素なんですね♡有美さんと話してるとすごく楽しいです!

有美さんみたいに自由に働くスタイルを貫く上で、大切にしていることはありますか??

有美さん
うーん。何事も深く考えないことかな!

編集部
深く考えない!というと…?

有美さん
周りのキャバ嬢の女の子達もそうだけど、みんなちょっと考えすぎじゃないかな?って思うんですよね…。あれやらなきゃ、これもやらなきゃ、って焦ってたらどんどん不安が募っていっちゃう。そうやって生き急ぐんじゃなくて、もっとゆっくり自分のペースで生きようよ、って。

編集部
深いです…。有美さんご自身は、不安になることはないですか?

有美さん
それこそ私がまだ20歳の頃は、『10年後何してるんだろう…』って不安でしたよ!

でも、10年経ってみて、当時考えていたことと全然違う方向ではあるけどなんとかなってるから、この先また10年経って、40歳になってもきっと大丈夫なんじゃないかなって思います♪

今後の目標もマイペースに♡

編集部
有美さんが今後やりたいことを教えてください!

有美さん
このままじゃやっぱりダメかな、っていう感じはしてます。そろそろ次のステップにいく時期なのかな、って。

編集部
それはどうしてですか??

有美さん
ちょうど30歳を越えてから、年齢的に考えるようになってきて。黒服さんに話したら「のんびり働きながら次のステップを考えたらいいよ」って言われてて…。

実は今年の2月のバースデーが終わって、3月に入って『キャバクラ辞めようかな』って思った時期もあったんです。

編集部
えっ!そうだったんですか…!?

有美さん
そうなんです。だけどそんな感じでズルズル続けながら悩んでたら、12月になって『あれ、まだ全然何も決まってない。どうしよう』って急に不安になっちゃって…。
でも黒服さんやお客様は自由な私のことを受け入れた上で接してくれてるし、 とりあえず今は現状維持の期間なのかなぁって思ってます。

編集部
なるほど…。周りの方々と信頼関係があるからこそ、皆さん親身になってくださるんですね!

「起業して自分で事業を展開したい」という大きい目標を持ってるキャバ嬢さんも多くいらっしゃると思うんですけど、そういう未来もあんまりですか??

有美さん
それもこれから考えていこうかなって!今年から(笑)

編集部
もう今年終わっちゃいますよ!(笑)

有美さん
たしかに、そうですね(笑)何も考えられなかったら、とりあえず今年は宝くじ売り場の前に立ちます(笑)

編集部
まさか…年末ジャンボ!?(笑)

有美さん
そう!年末ジャンボ買いこみます♡

さいごに

有美さん
私、大丈夫でした!?ちゃんとしゃべれたかな…。

編集部
全然心配ないです!!完璧でした♡

有美さん
ならよかった~。

私、今回のインタビューは『まともなことを言おう!』って決めてたんですけど…結局何も言えなかった気がします…。

編集部
いやいや!有美さんの考え方や愛される理由がすごく伝わる、面白いインタビューになりましたよ♪ ありがとうございました!

有美さん
ありがとうございました♪

一見、その破天荒っぷり全開の働き方から、お客様を翻弄すらしてしまいそうな有美さん。ですが、それは自分自身が“無理のない範囲で”働くための秘策であり、お客様や黒服さんにも共有し、理解してもらうための努力をしているからこそできる働き方なんだろうなと感じました。

有美さんがこれからどこを目指すのかはまだ不明とのことですが、LuLINE Magazine編集部はこの先も周囲に愛される、天性の魅力を持った有美さんをどんどん追っていきます!