2000万円詐欺られた元銀行員キャバ嬢メイサ(ジャングル東京)が安定を捨てた理由

インタビュー

六本木のノンアルキャバ嬢として大人気のメイサさん。
銀行員からキャバクラ嬢に転身」「2000万円の投資詐欺にあう」など、異色の経歴が注目を集めています。
メイサさんならではのエピソードについて、たっぷりとお話を聞いてきました!

【メイサ】1990年生まれ東京都出身。六本木JUNGLE TOKYO在籍の現役キャバ嬢で、モデルとしても活躍している。YouTuberであるラファエルの動画に度々出演している他、2019年1月に始めたInstagramのフォロワーは3万人を超え、知名度急上昇中!「元銀行員」「ハーフ」「ノンアルキャバ嬢」などといった濃いキャラクターの持ち主としても有名。

ノンアルキャバ嬢だけど、飲ませ上手

編集部
早速ですがメイサさんは、ノンアルキャバ嬢としても有名ですよね!

ちなみにお酒って、まったく飲めないんですか??

メイサさん
お酒はひとくちふたくちが限界です(笑)

編集部
え、そうなんですね!もともとお酒が飲めなかったんですか??

突然飲めなくなった!っていうパターンもあるらしいですけど…

メイサさん
私は、もともとですね。アレルギーみたいで。

両親も飲めないので、やっぱり飲めない家系の遺伝なのかな。

編集部
えっ!それは大変ですね…

メイサさん
うーん…最初から飲めないから、あんまり大変とかないんですよね。

飲んだことがないから、違いがわからないんです。

よくお客さんに「飲まないでつまんなくないの?」って聞かれたり、一緒に働いてる女の子にも「飲まないでよくそんなにしゃべれるね」って言われるんですけど。正直ずっとそうやってきたから、酔って盛り上がるみたいな感覚がわからなくて…!

編集部
そうなんですね!そしたら、お酒を飲まなくても接客中はテンション高めなんですか??

メイサさん
テンションが高いとは違うかなぁ…お客様に同調するタイプです♡

周りがテンション高くなったら高くなるし、周りが落ち着いてたら落ち着くし…

編集部
すごい!

周りに合わせるのって、苦にならないんですか??

メイサさん
全然苦じゃないですよ!

大学生の時は、学校一の飲みサーにいましたし(笑)

編集部
えっ!まさか過ぎます!(笑)お酒が飲めないのに、どうして学校一の飲みサーに入ったんですか??

メイサさん
たまたま勧誘されて、仲良い子がそこに入るって言ってたので。

みんなが結構激しく飲んでる中で、全然普通にしてました。

編集部
すごいですね(笑)

どうやって酔っ払いのノリについていくんですか??

メイサさん
雰囲気に酔うってあるじゃないですか。あれと同じ感じですかね。

だから、お酒を飲んでないことに気付かない人もいますよ。ごはん食べに行った時とかに「お酒何飲むの?」って聞かれて「お茶」って答えたら「お茶かよ!?」って言われたり(笑)

編集部
でも、飲みサーの飲み会ってみんな一気飲みしていたりして、すごく激しいイメージです…。

どうやってお酒を飲まずに乗り切ってたんですか?

メイサさん
自分では飲まないで、周りにお酒を飲ませてただけです♡

編集部
その時から飲ませ上手だったんですね!

それが今のお仕事でも、活きてるんでしょうか?

メイサさん
そうですね。昔からお酒が全然飲めないから、自然と飲みを回避する術を身に付けてきたのかも。

あと、飲み会でやるじゃんけんとかゲームとか異様に強いんですよ。飲みがかかると、あんまり負けないんです。絶対負けちゃいけないと思って(笑)

夜職で働く母の姿を見て育った

編集部
メイサさんは24歳の時にキャバクラで働き出したんですよね。

それまで、1度もナイトワークをやったことはなかったんですか?

メイサさん
ナイトワークは、もともと母が10年間ぐらい働いてて。

だから自分で働いたことはなかったんですけど、知識とかは全然ありました。

編集部
すごい!

じゃあ最初から、キャバクラで働くことに抵抗はなかったですか?

メイサさん
抵抗も偏見も、全く無かったです。子供の頃から、お母さんのお客さまと一緒にご飯を食べたりしていたので。

お母さんもお酒が飲めないので、飲まなきゃいけない仕事っていうイメージも特にありませんでした。

編集部
なるほど…!メイサさんにとって、ナイトワークは結構いいイメージだったんですかね?

メイサさん
そうです。結構いいイメージでした!「お金も稼げて、美味しいものも食べられていいな♡」って思ってました。お母さんのドレス姿も、可愛くていいなと思って。

編集部
じゃあ、憧れみたいな気持ちもちょっとあった感じですか?

メイサさん
そうですね、ありました!

最初はお母さんのドレスとかアクセサリーとか、全部借りてやってました。

就職氷河期を乗り越えて銀行員に

編集部
大学卒業後は、銀行員をされていたんですよね。

いろんな会社がある中で、どうして銀行に就職されたんですか?

メイサさん
当時は就職氷河期だったので、60社受けてやっと1社受かるかどうかみたいな感じだったんです。

わたしは、金融とゼネコンを中心に受けて、唯一受かった大手が銀行で。他にも受けようと思ってたんですけど、もう就活にも疲れちゃって…。銀行に就職することにしました。

編集部
ゼネコンと金融を中心に受けてたんですね!

それはやっぱり、安定感のあるお仕事に魅力を感じていたからですか??

メイサさん
そうです。安定してるし、潰れないし!

あと、どの分野でも絶対お金って絡んでくるから、金融なら何をするのにも役に立ちそうだし、途中で辞めても何かに活かせるかなと思って。

昼職の経験が、夜職に生きている

メイサさん
でも、やっぱり昼職をしていたのは、いまのキャバクラのお仕事にも活かせてるなって思ってます。

編集部
銀行員の経験は、キャバクラ嬢になってもいかせるんですね!

特にどんな時に、昼間のお仕事の経験が活かせていると感じますか??

メイサさん
待ち合わせの時間を守るとか、約束したことを守るとか、昼職では当たり前のことじゃないですか。でもキャバクラでそれをやると「めっちゃ偉い!」って褒められます(笑)

編集部
「メイサちゃんめちゃくちゃ真面目だね!」みたいな感じになるんですね(笑)

メイサさん
そうなんですよ。普通にしてるだけなのに褒めてもらえて、ラッキーな職業だなって思いました♡

あとは、お客さまに難しいお話をされても結構わかります(笑)だから普段は銀座に行ってるけど、たまたま六本木に来た年配の方に好かれる事も多いです。

編集部
そうなんですね!すごい!

お客さまとは結構しっかりお話をされる感じですか?

メイサさん
相手に合わせるので、じっくりお話したいお客様だったらしっかりお話します♡

好奇心旺盛だから、世界中のことが知りたい

編集部
最近は、どんなことに興味がありますか??

メイサさん
最近興味があるのは、お客さまで世界中を飛び回りながら、金融のお仕事をしてる方がいるんです。

世界中を飛び回っている方のお話を聞くのはすごく楽しくて、「今度いろいろ教えて!」って言って、一緒にごはんに行く予定です!

編集部
なるほど!やっぱり銀行員を辞めてからも、金融業界に興味があるんですか?

メイサさん
うーん…金融っていうよりも、海外旅行とかが好きなんです。

親も海外出身だから、そういう文化とかに興味がある感じです!

編集部
世界中のことが知りたい、みたいな感じですか?

メイサさん
そうですね、世界中のことが知りたいです!

知らなかったら知らなかったでいいんですけど、そういう世界で活動してる人が近くにいると気になっちゃう。好奇心旺盛なので、興味を持ったことはすぐに調べちゃいます♡

編集部
そういえば、メイサさんは3ヶ国語が話せるんですよね?

日本語とタガログ語と…あとは、英語ですか?

メイサさん
英語はそんなにできるわけじゃないですね。

旅行にいった時とか、お店に海外から来たお客さまがいらっしゃった時に困らない程度です。日常会話程度のレベルかな。

編集部
すごい!六本木って海外から来るお客さまも多いですよね!

海外のお客さま同士で飲みに来たりするんですか??

メイサさん
意外と多いですよ!どこ見て来てるんでしょうね?

勝手に入ってくる方を見かけると、大丈夫かなって心配になります(笑)

六本木のキャバクラを選んだのは「自分に合っているから」

編集部
メイサさんは、ずっと六本木のキャバクラで働いてるんですよね。

銀座や歌舞伎町ではなく、どうして六本木を選んだんですか?

メイサさん
学生時代、周りにキャバをやっている子がいたので、六本木、銀座、歌舞伎町、それぞれにイメージがあって、そこから消去法で選びました。

まず、歌舞伎町と銀座はお酒が飲めないと厳しそうだなと思って。

編集部
六本木のキャバクラは、飲めなくても働ける感じですか?

メイサさん
六本木のキャバクラは飲まないといけないっていうのはなくて、自己責任みたいな感じなんですよ。

銀座のクラブとかだと、ヘルプの席で飲めないのは失礼かなって思って。

編集部
なるほど〜!

西麻布のラウンジとかはどうですか??

メイサさん
ラウンジはラクなんですけど、ローリスク・ローリターンなんです。

お客さまも、パパ活じゃないですけど、そういうことを求めてる人もいるから。

編集部

そうなんですね!ラウンジは、お客さまもラフな方が多いイメージです。

メイサさん
そうなんですよ。だから指名するお客さまは少ないかもしれないです。それって、わたしは面倒くさいなと思って。

六本木のお客さまは、気に入ったら指名してくれる人が多いのでその方が私には合ってるかなって。

編集部
そうなんですね。そしたら待遇面についてもしっかり考えた上で、六本木を選んだんですね!

お店はどうやって決めたんですか?

メイサさん
六本木を歩いてたら、スカウトさんに道端で声を掛けられて。

でも、今考えると、勇気あるなって思います。そのお店に知り合いがいたわけでもないのに(笑)

編集部
道端でスカウトされて、知り合いもいないお店に飛び込んだんですか!それはめちゃめちゃ勇気がありますね(笑)

急に知らない人に声をかけられるのには、抵抗はなかったんですか?

メイサさん
ありませんでした。

「1時間でこんなにもらえるの?やりまーす!」みたいな(笑)

キャバクラを選んだのは「いろんなことを経験したかったから」

編集部
でも、メイサさんって安定を求めて銀行に就職されたんですよね。

キャバ嬢に転身しようと決めたきっかけって、なんだったんですか?

メイサさん
フィリピンに家を建てたいと思っていたんです。

それだけじゃなくて親孝行もしたいし、将来どうなるかわからないから今のうちに貯蓄もしたいし…

編集部
そのためには銀行員のお給料だとちょっと厳しいな、みたいな?

メイサさん
そうです。

あと、キャバクラって期間限定の職業じゃないですか。輝いているうちにいろんな人と出会って、いろんなことを経験したいなと思ったんです。

編集部
将来こうしていきたいなとか、メイサさんの将来の夢ってありますか?

メイサさん
今は、自分が動かないとお金が発生しないので。

自分が動かなくても、お金がちゃんと入ってくるようなシステムを作りたいなって思ってます♡

編集部
すごい!

なにかやってみたい分野とか、興味のある分野とかがあれば教えてください!

メイサさん
美容が好きなので、美容系のお店を経営するとかは興味があります♡

手堅く、ちょこちょこやりたいんですよね。リスクを分散するためにも、1ヶ所に集中しないようにして。資産運用とかをちゃんと勉強して、実店舗を持ったりできればなって。

2,000万円の投資詐欺に遭ってしまった

編集部
サギにあったっていうお話を聞いたんですけど…?

メイサさん
そうなんですよ(笑)投資詐欺みたいな感じでした。

編集部
えっ!投資詐欺ですか?

メイサさん
「ここにお金を預ければ、その1%を毎月もらえるよ」って言われたんです。

最初の数ヶ月は来たんですけど、投資先の弁護士から「借りたお金は返せません。自己破産も考えてます」みたいな手紙が突然来て。

私は投資で預けたつもりでいたのに、書類上は私がお金を貸したことになっていたんです。2,000万円も払ったのに、相手にお金がないっていう理由で返してもらえませんでした。

編集部
えっ2,000万円…!?そんなに大金を払ったのに、返ってこなかったんですか!?

メイサさん
そうですね。毎日一緒にいるくらい仲が良かった女の子に「私もやってるから一緒にやろうよ!」って誘われて、完全に信用してたのでポンと出してしまったんです。

詐欺だって発覚した時、その子に相談したら「いや、そんなの私に言われてもしょうがないから、自分でどうにかして」っていきなり冷たくなって。

編集部
ええっ!ひどい!!

メイサさん
その子も被害者だったら「変なところ紹介しちゃってごめん」って泣いて謝ったりするはずじゃないですか。

だから、最初から騙すつもりだったんだってわかって…

編集部
最初から、その人とグルだったってことですよね…

メイサさん
そうだと思います。けど、書類上にも裁判上にも、その女の子はいないんですよ。

お金を受け取ったのは、その子の従兄弟のおじさん。お金の貸し借りだと、財産のない人からは取り戻せないんです。十数万円かけて本当に資産がないのか調べたら、3,000円しかなくて(笑)

結局、裁判に1年間かかって、終わったのが去年です。

編集部
そんなひどい目にあったんですね…

メンタルを崩したり、人間不信になったりはしなかったんですか?

メイサさん
最初は、詐欺にあったっていう事実が信じられなかったです。目の前で物を盗られたわけじゃないので、実感がなくて。

詐欺だから取り返せるだろうと思ってたんですけど、法律的に絶対無理なんだってわかって、それからはずっと病んでました。

編集部
聞いてるだけでつらいです…!

メイサさん
でも、病んでてもしょうがないですよね!

一刻も早くお金を取り戻したい!って思ってからは、かなり気合いを入れて働くようになりました。

今では、あれは必要な経験だったのかなってポジティブに考えるようにしてます。まだリカバリーが効く年齢だし、人のお金を借りてまでやったり、誰かを紹介したりしなくて本当によかったなって。

編集部
そんな経験をしていたら、さすがにもう投資をやろうかなとは思わないですよね…?

メイサさん
身内だけで隠れて儲かるみたいな話には、もう絶対に手を出さないです。

本当にいい話なら、簡単に人に言わないですよね。やっぱり、世の中にうまい話はないんだなって身をもって実感したので。

編集部
確かにそうですね…

メイサさん
人を騙してやろうっていう考え方が自分になかったので、まさか騙されるとは思わなくて。

でも今になって考えてみると、どうして誰にも相談しなかったんだろうって思います。勇気があるなって、自分で自分にびっくり(笑)

危険な話には、自衛に徹する

編集部
いまだに周りでも、詐欺の話って多いんですか?

メイサさん
めちゃくちゃ多いですよ(笑)

会社のお金を横領してる人とかも多いです。

編集部
ええっ!横領ですか?

そのお金で飲んでる人がいるってことですよね…??

メイサさん
そうですね…。「この人、お店で見たことある?会社のお金持って逃げたんだよね」とか、たまに聞かれますよ。

そういうお金って見つかったらまずいから、みんな使っちゃうみたいです。

編集部
それって、どれぐらいの額なんですか…?

メイサさん
億レベルの人とかもいるみたいですよ。

編集部
億!?

そんなことってあるんですね…!

メイサさん
そういうやばい話、本当に多いですよ。カジノの利権で、毎月お金が入るよとか。

でもそういう話をされた時は、もう何も信用せずに「お金ない、そんな余裕ないからできない」って言います(笑)

編集部
そう言うしかないですよね(笑)

メイサさん
投資詐欺の裁判の時に「一度詐欺に遭うと、失ったお金を取り返そうとして、また詐欺に遭うことが多いんだよ。それだけは気をつけて」って弁護士さんに言われたんです。

編集部
確かにそういう詐欺、多そうですね…

メイサさん
実際、本当にそういう詐欺の話が来たんですよ。

詐欺に遭ったって言ったら「俺が取り戻してあげるよ。こういう話あるんだけど…」って言われました。「本当なら、わざわざ私のお金なんか使わないで、自分のお金を使って増えた分をくれればいいのに」って思いました(笑)

さいごに

編集部
メイサさんって、見た目はキリッとしていてキレイなお姉さんって感じですよね。

でもこうして直接お話してみて、すごく柔らかい雰囲気の方なんだって驚きました!

メイサさん
それ、お客さまにもよく言われます!

「ツンとしてると思ったけど、全然イメージと違った」とか。

編集部
第一印象とのギャップもメイサさんの魅力なんだなって思いました♡

メイサさん、今日は本当にありがとうございました!

銀行員という安定を捨て「いろいろなことにチャレンジしたい」と語る好奇心旺盛なメイサさん。

投資詐欺という壮絶な経験にもめげない強さを秘めたメイサさんが、今後どのような活躍をされていくのか楽しみですね!