キャバ嬢として働くなら知っておこう!「料金明細」を徹底解説

ナイトトピック

キャバ嬢として働く上で、キャバクラのシステムをしっかり理解することはとても重要なことです。しかし、完璧に覚えるのはなかなか厳しいかもしれません。キャバクラで働いているとお店の人にシステムのことを聞きづらい方も居るでしょう。そこで今回は、キャバクラで遊んだ時にかかる費用を徹底解説します!

キャバクラは時間単位で料金が発生する!

キャバクラは基本的に、時間単位で料金が発生します。45分〜90分ごとに料金が発生するところが多く、中堅キャバクラでは、60分ワンセットあたり5000円から8000円のお店が多いようです。また、60分1万円を超えるような高級キャバクラもあります。

つまり、料金システムを把握しておくことで、キャバクラ店のレベルを見分けられるのです。

時間帯によって料金が変動するキャバクラもあります。延長料金もありますし、オプション料金も存在します。ここからは、細かく料金設定について解説していきます。

セット料金

キャバクラで必ず発生する料金が、セット料金です。セット料金とはキャバクラに入店して席につくと必ずかかる料金で、「いくらで〇分キャバクラで遊べる」入場料のようなものです。

「セット」という言葉通り、飲み放題のボトル、割る用の水、氷、簡単なおつまみが含まれています。最初の1セットが過ぎると、その後は延長料金が加算されます。

1セットの時間は概ね、40分~60分と決まっています。キャバクラがオープンした19時~21時までのお客様が少ない時間帯は、料金が通常よりも安めに設定されています。

延長料金

延長料金は、キャバクラでの最初の1セットが過ぎたら発生する料金のことです。延長料金は大体の店で30分毎にかかります。相場は3,000円~5,000円程で、最初の1セットよりも割高になっています。

延長方法はスタッフが声を掛けるか、自動延長かの2種類です。自動延長のキャバクラの場合、基本的にボーイが「当店は自動延長です」と伝えてくれます。

お客様の希望があれば延長に入る前にに声をかけることも可能ですので、トラブルを避けるためにも確認しておくようにしましょう。

クレジットカード手数料

キャバクラの利用料をクレジットカードで決済するお客様は多いですよね。その場合、10%程度の手数料が発生します。これは必ずかかる料金ではないのですが、忘れてしまうと大事になりますので、伝票に手数料が含まれているかは必ずチェックしましょう。

オプションでかかる利用料金

次に紹介するのは、キャバクラを利用するときにかかる可能性のあるオプション料金です。このオプション料金が、女の子のお給料に直結することもありますので、一体どんなオプションがあるのか、よくチェックしておきましょう。

指名代

キャバクラは、通常、一定の間隔で女の子が交替していきます。その中から、お気に入りの子が出てくるでしょう。その子と長くお話しするために必要なのが、指名料です。指名をすれば、指定の女の子をずっと席につけておけるようになります。

指名には本指名と場内指名の2種類があります。キャバクラに入店するときに目当てのキャバ嬢を指名するのが「本指名」。キャバクラの店内でお気に入りのキャバ嬢が見つかった時に自分の席に長くつけたい場合が「場内指名」と言います。

人気のキャバ嬢の場合は、基本指名料に上乗せした料金が付くこともあります。つまり、あなたが人気になったなら、指名料だけで稼ぐことが出来ると言うことです。

女の子のドリンク・フード代

女の子が飲むドリンク代は、お客様が支払うことになっています。ドリンク代はお店によって料金設定に開きがあります。安いものだと1杯1,000円、高くて1杯5,000円を超えるものもあります。

フードメニューは、フルーツ盛り合わせは5,000円~、おつまみや食事系は大体1,000円前後で追加することが可能になっています。ドリンクやフードも指名料と同様に、値段に応じて女の子へのインセンティブが発生します。

ドリンクの中には、ハウスボトルというものがあります。新品ボトルを買い取ってお客様とキャバ嬢が一緒にお酒を楽しみます。この買取料が、いわゆる「ボトル料金」です。キャバクラのボトルは数千円~100万円以上もするシャンパンまであります。

キープボトルを飲む際は、ボトルに対し新たに料金が発生しません。

同伴料

最後に紹介するのが、同伴料です。同伴とは、出勤前の女の子と食事やデートをしてから一緒に来ることです。同伴をするときは、お客様は同伴料金、つまりオプション料金を支払う必要があります。

ちなみに、入店前ではなく営業後にデートをすることをアフターといいます。この同伴料金はキャバクラにお金は支払われず、まるっと女の子のインセンティブとなる場合が多いんですよ。同伴は、大体3000円から5000円が相場です。

セット料金+(オプション ドリンク代+フード代+延長料金+指名代+同伴代)をまとめて、キャバクラの料金になります。

まとめ

キャバクラの料金システムのことがお分りいただけたでしょうか。セット料金、指名料、ボトル料金など、料金項目はたくさんあります。

たくさんあるキャバクラ店のなかには、ぼったくり店も存在します。セット料金を格安にしてお客様を呼んで、相場よりも高額なドリンクを注文させることでお会計を高くするようなお店です。

このようなぼったくり店は、お客様が困るだけでなく、何かトラブルがあった時にも女の子を守ってくれないなど、働いている女の子も困ります。料金システムをチェックして、明朗会計でまじめに営業するお店を選びましょう!

関連記事一覧