大学生がキャバ嬢をするメリットって

ナイトトピック

みなさん、キャバクラで働くというと、どんなイメージを持っているでしょうか。

「夜の世界だから大変そう」

「派手な人ばかり働いていそう……」

そんなイメージを持つ方も多いかもしれませんね。ですが、実は今、キャバ嬢は「なりたい職業」で上位にランクインするほど人気のお仕事なのです。そんなキャバクラでは、大学生もたくさん働いているんですよ。

そこで今回は、大学生がキャバクラで働く上でのメリット・デメリットを解説します!

  • 大学生なのに働ける?
  • どのくらい稼げる?
  • キャバクラで働いていて学業に支障はある?

などの疑問にお答えしていきます!

キャバ嬢バイトは大学生にぴったり?!

「大学生がキャバ嬢なんてできる?」

「未経験だから不安……」

そんな風に思ってしまう方は多いと思います。未経験のお仕事は誰でも不安ですし、しかもキャバクラなどの「水商売」と呼ばれる業界に初めて飛び込むのは勇気も必要です。

ですが、安心してください! キャバクラだって、最初から「プロフェッショナル」を求めているわけではありません。たしかに立地やランクによっては難しいところもありますが、多くのお店は大学生でも気軽に働けるような仕組みがあるんですよ!

まずは、大学生がキャバ嬢になるメリットを紹介します!

キャバ嬢のバイトはとにかく時給が良い

大学生は意外とお金がかかるもの。遊びやサークル、飲み会、さらに学費を自分で稼いでいれば金銭的な悩みは尽きないものです。バイトはしたいけれど、バイトばかりしていたら勉強ができないという悩みを抱えている大学生は少なくないんですよ。

そんな大学生には、キャバ嬢のバイトがオススメです。キャバクラのお仕事は、未経験でも時給2000円~と給料が良いので、短時間で効率良く稼げます。時給にプラスでバック付くことも魅力です。

頑張れば頑張った分お給料として返ってきますので、頑張り甲斐もあります。余った時間を使って勉強やサークル活動ができるので、大学生にぴったりなのです!

シフトの融通が利く

大学生がキャバクラのバイトをする2つ目のメリットが、シフトの融通が利くことです。

  • 長期休暇は少し頑張って、試験前は開ける
  • 今月後半は友達との旅行があるから前半多めに入りたい
  • 授業やサークル、試験などの予定をもとにシフトを組みたい

キャバクラでは「週1~勤務可能」「終電上がりOK」「日払いOK」など、シフトにたいして入る日をある程度自分で決められます。

ただ、あなたを目当てに来るお客様もいらっしゃいますから、「当日欠勤」は嫌がられることが多くなります。何かある時や、事前に予定がわかっている場合は、必ず連絡するようにしてくださいね。

気配り上手・会話上手になる

気配り上手・会話上手になることも、キャバクラで働いているメリットの一つです。キャバクラでは、お酒を飲みながらお客様とお話をするのが仕事です。

毎日幅広い年代のお客様と会話することになりますから、仕事をしているうちに自然と「コミュニケーション能力」が向上するのです。

キャバクラに来るお客様は20〜4、50代のお客様まで様々です。自然と年上と会話することが身に付くので、社会人になってからも会話の引き出しが多くなり、スムーズに会話するスキルが身に付きます。

どんどん可愛くキレイになる!

キャバ嬢として働いていると、どんどんキレイになっていくのもメリットです。キャバクラで働く女性は、みんな素敵な女性ですよね。清潔感があり可愛かったり美人だったり……。そんな同僚さんたちの中で働いていると、自然と美意識が向上するんです!

お金が稼げるので「自分磨き」に使えるお金ができ、スタイルにも気を使えるようになります。キレイになれば、さらに指名が増えるといういいことだらけ! もしかしたら、大学で素敵な彼氏ができちゃうかもしれませんよ♪

付き合いの幅が広がる

「社会経験豊富な人と話せる」「付き合いの幅が広がる」ことは、大学生がキャバクラで働く最大のメリットといってもいいかもしれません。

キャバクラに来店するお客様は、

  • サラリーマン
  • 経営者
  • 大きな会社の重役
  • 芸能人
  • 自営業

など、多種多様なお仕事についています。

普通のアルバイトをしていたら知り合えないような人とも知り合えるのです。いろんな社会経験をしている人から話を聞けるのは、非常に勉強になりますよ。

いろいろな話を聞けるだけでなく、お客様の話に合わせるために、社会や経済政治などのニュースに関心をもつようになるのも、就活するときや社会に出てからなど、将来の自分のためになるでしょう。

大学生がキャバクラで働くデメリットとは?

大学生にとってメリットの多いキャバクラ勤務ですが、デメリットはあるのでしょうか。

大学生がキャバクラで働くことの最大のデメリットは、学問が疎かになることではなく、「学生時代にしか味わえない青春や感覚が疎かになる」可能性です。

キャバクラは、たしかに金銭的に稼げるバイトですし、年上の人との関わり方、自分磨きなどを行えるいいところです。しかしそれが逆に、友人との壁になってしまうこともあります。

また、勤務を頑張りすぎてしまい、翌日に響いて大学を休み、またバイトで疲れ……というループに入ることもあります。学生のときでしか味わうことのできない経験と、キャバクラバイトとのバランスを考えて、それぞれの時間を大切にしましょう。

まとめ

大学生のときにキャバクラで働くことは、学生時代に、普通では出会えないたくさんの方と出会い、経験し、学んでいくことが出来る素晴らしい機会です。一方、学生生活がおろそかになってしまっては本末転倒です。キャバ嬢として働くことのデメリットを事前に知っておき、自分がそのデメリットにハマってしまわないよう、上手に回避しましょう!

とはいえ、入店してから色々探るのも大変なもの。大切なのは、お店選びです。ナイトワークの求人情報サイトで自分に合ったお店を見つけ、体験入店から始めましょう。お店の雰囲気やキャストさんの雰囲気などを見て、あなたに一番合いそうなお店を見つけてくださいね!

関連記事一覧