キャバクラで働きたい!キャバクラ面接で合格するコツと注意点をまとめて紹介

ナイトトピック

キャバクラで働くために、どうしても避けて通れない道があります。それが、面接です。

「キャバクラの面接ってどんなこと聞かれるんだろう??」

「どんな服を着ていけばいいのかな…」

など、お昼のバイトと同じでいいのか、それとも全く違うのか想像できないことが多いので、不安に思う女の子もたくさんいるでしょう。そこで今回は、キャバクラ面接を突破して合格するコツと、キャバクラ面接ならではの注意すべき点について解説します!

キャバクラ面接で受かるために知っておきたい面接突破法!

どのお仕事でもそうですが、キャバクラ嬢として働きたい女の子が、全員キャバクラで働けるわけではありません。

たしかにキャバクラは他の仕事に比べると面接で落とされる人は少ないのですが、とはいえ、どれだけその店舗に入りたくても、落とされてしまう人は出てくるものなのです。採用基準はお店によって異なり、高級店であればあるほど面接の合格率が下がる傾向にあります。そのため、もし高時給や良待遇で働きたくて高級店を目指したいなら、面接対策はよりしっかり行う必要があるでしょう。

「あんまり落とされないらしいし大丈夫!」

「よく調べてないけど、キャバクラなら大丈夫でしょ」

などと油断していると、それが原因で落ちてしまうこともあります。準備や心構えをしっかりと整えてから面接に臨みましょうね。

面接の第一印象は超重要!清潔感は大事に

キャバクラに飲みに来る男性は、どんな女性にそばに着いて欲しいと思うでしょうか。綺麗な女性、楽しい女性、それはもちろんそうですが、実はそれより大切なことがあります。それが、清潔感です。髪が綺麗に整っている、肌ツヤがある、服がよれていないなど、当たり前のことですが、実はとても大事なことなのです。

そのため、面接の時には何よりも清潔感を感じてもらえるような準備をしておきましょう。

  • ヘアスタイルや髪はしっかり手入れして
  • お洋服や靴やバッグは汚れていないものを
  • お化粧やお肌はナチュラルかわいい系
  • 喋り方や笑い方などは下品にならないように
  • 歩き方や座り方などの立ち居振る舞いで雑さを出さない

ドレスなどを着用する必要はありませんが、あくまでも面接。このようなポイントをチェックして、清潔感ある姿で行きましょう。

面接の受け答えや面接時の態度には十分注意を

面接では、身だしなみ以外にもみられていることがあります。それが「態度」です。面接を受けている時の態度は、そのまま接客の態度にも繋がります。態度が悪いと、どんなに綺麗であってもお客様を満足させられないとして、面接に受からなくなる可能性が高くなるのです。

逆にキャバクラの経験がなくても、面接で素晴らしい態度を示せれば、お客様にもいい接客ができると思われます。ですから、未経験であっても、面接に合格する可能性は十分にあるのです。

  • 面接官に対してタメ口で喋る
  • 仕事や店について(過去にいた店など)鼻で笑ったり悪口やネガティブなことを言う
  • 足を組んだり、椅子の背もたれに寄りかかったりする大仰な態度

面接でやろうと思ってする方はいないと思いますが、中にはクセになってしまっていることもあるでしょう。絶対にやらないように気をつけてくださいね。

面接官はあなたのココが知りたい!

キャバクラの面接で1番気になるのは「何を聞かれるのか」ではないでしょうか。もちろんお店によって違いはありますが、キャバクラではある一定の質問がされる傾向にあります。ここでは、キャバクラ面接で面接官から聞かれやすい内容をまとめました。

経験ありor未経験?

まずは、経験の有無をヒアリングされます。当然ですが、未経験よりも経験者の方が時給や待遇が優遇されるのはキャバクラも同様です。ですが、未経験の場合も接客の経験などは認められやすいので、しっかりアピールしてくださいね。

経験ありの場合、店名,勤務期間,指名数,売上,給料などを伝えると交渉しやすくなります。ぱっと出てこなそうであれば、メモしておいて、それを見ながら伝えるのでもいいでしょう。

キャバクラの志望動機は?

キャバクラの場合、お金を稼ぎたい方が多いため、一般職と異なり、時給が理由でも大丈夫です。

ただし、できれば

  • 「結婚や出産の費用を貯めるため」
  • 「奨学金を返すため」

など、具体的な目的を伝えてください。

ただお金が欲しいわけではなく、しっかり目的意識を持っていることが伝わり、面接官への印象もよくなります。

彼氏はいるの?

この質問は、キャバクラではわりとポピュラーなものです。プライベートに関わるじゃないかと思われるかもしれませんが、彼氏がいるとお店で行われるシーズンイベントに出勤できなかったり、お客さんとのトラブルの原因になったりしてしまうのです。

ですが、嘘をつく必要はありません。彼氏がいても、「仕事なので迷惑はかけません」「理解のある彼氏なので大丈夫です」など、勤務に影響がないことを伝えれば問題ありません。

キャバクラの面接の注意点

キャバクラの面接で聞かれやすいことをお伝えしましたが、面接で気をつけたいポイントもあります。ここでは、一般職とは違う「キャバクラ面接ならでは」のポイントについて説明していきます。失敗しないよう、事前にチェックしておきましょう!

厳しい条件を希望しない

確かに、面接の時点で自分の希望を伝えるのは大切なことです。希望をあやふやにして入店すると、その後条件面が会わずに辛いことになってしまうかもしれないからです。稼ぎたい金額や、出られる曜日などは具体的な理由とともに積極的に伝えましょう。

ただし、注意しなければならないのは、行き過ぎた条件をだしてしまったり、理不尽な要求を通そうとしたりすることです。代表的なものとして、法外な高時給や長距離の送りなどがあります。

わがままな印象や無理難題を言ってくる印象はやはり悪印象です。面接で落とされてしまう可能性が高くなります。

マナーや礼儀をきちんとする

キャバクラでマナー?と思われるかもしれませんが、実はキャバクラは高い料金設定にふさわしいサービスを提供しなければいけませんし、接待などのビジネスシーンでも利用されるので、マナーや礼儀は必須のスキルなのです。

最低限のマナーは面接の時点で提示しておきましょう。礼儀がなっていない人を本採用することは、キャバクラではまずありえないのです。

まとめ

初めての面接はどうしても緊張してしまいますよね。ましてや経験のない夜の仕事のキャバクラだと尚更です。いざ働き始めて、「もっとちゃんと聞いておけばよかった…。」と後悔しないためにも、少しでも不安や疑問に思ったことは、面接の時点でしっかりと確認しておきましょう!

大事なことは、どの質問に対してもポジティブな答え方をすることです。これができれば未経験でも合格率をアップさせることができるでしょう。さらに、自分に合ったお店を選ぶことが「合格のきっかけ」になりますよ。どのキャバクラのお店が自分に合っているのか、合っていないのかを面接や体験入店でしっかりと見定めて、楽しくキャバクラのお仕事をスタートさせましょう。

 

お店選びは求人情報を見るところからスタートしています!「体入ドットコム(体入ドットコム首都圏版)」なら、 厳しい審査を通過した『優良店』のみ掲載されているので安心です。

体入ドットコムで、あなたにピッタリのお店を見つけてくださいね!

関連記事一覧