キャバクラのスカウトって本当に信用して大丈夫?メリットやデメリットを解説!

ナイトトピック

町を歩いていると「キャバ嬢に興味ありませんか?」と声をかけられたことはありませんか? 夜のお仕事を紹介するスカウトマンは人生を変えてくれるような優秀な人もいれば、ナンパに近い人もいます。今回は、そんなスカウトマンについてまとめました。

そもそもキャバクラのスカウトとは?

まずは、スカウトマンについて説明します。

キャバクラでは、お店ごとにコンセプトや求める女の子のタイプが異なります。ですから、キャバクラが女の子の求人募集をかけたとき、確実に求めている女の子が来るとは限りません。そんな時に活躍するのが、スカウトマンなのです。

スカウトマンの収入源は、女性をキャバクラのお店に紹介した「紹介料」です。スカウトマンは、街を歩いている女の子に声をかけ、キャバクラなどの夜のお仕事に勧誘します。お店側の求めるタイプの女の子を紹介し、女の子側も安い時給ではなくより良い条件で働けるようにするのが仕事なのです。

つまり、スカウトマンはお店と女性をマッチングさせる「仲介業者」のようなものといえるでしょう。

キャバクラのスカウトマンはどんな人に声をかけるの?

キャバクラのスカウトマンはどんな人に声をかけるのでしょうか。スカウトするのはお店が求める女性です。お店側は一定の条件を提示してくるでしょうから、それに適した女性に声をかけることが多いです。

それでは、どのような女性に声をかけることが多いのでしょうか。

 

  • ブランドバックを持っている
  • 容姿のレベルが高い
  • 明るく笑顔がかわいい

 

 

など、「この女性であればお店で売上をあげられるだろうな」と思える女性に声をかけるのです。

キャバクラのスカウトマンのメリット・デメリット

ここからは、キャバクラのスカウトマンを使うメリット・デメリットを紹介します。信頼できるスカウトマンがいれば、あなたの魅力も何倍も伝わりますよ! スカウトマンを活用するかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

キャバクラのスカウトマンを使うメリット1:あなたに合ったお店を紹介してくれる

求人情報を自分でチェックし、応募し、面接することを繰り返すのは手間が多いですよね。しかし、スカウトマンを利用すれば、希望条件を伝えておくことで店を探してくれ、面接までのスケジュールも調整してもらえます。

また、スカウトマンは店ごとの採用基準を把握していたり、求めているキャストの像を把握しています。そのため、スカウト経由で面接に行った店で「不採用」は、ほぼありません。確実に合格できる店を紹介してくれるケースがほとんどです。

キャバクラのスカウトマンを使うメリット2:トラブルの仲介をしてくれる

入店したキャバクラでトラブルがあった場合、自分一人で解決するのは難しいでしょう。時給が低かったり、給料が払われないなどのトラブルがあったとき、スカウトマンはお店に言いづらいことを代弁してくれる存在でもあります。

【トラブルの例】

 

  • 店の雰囲気が悪い
  • お給料が正しく払われない(未払い・ピンハネなど)
  • キャスト同士の仲の悪さ
  • 黒服からのパワハラ・セクハラ など

 

 

特に未経験の新人さんならば、こうしたトラブルに対しての対処法は分からないことも多いでしょう。信頼できるスカウトマンがは第三者として間に入ってくれることは、メリットです。

スカウトのデメリット1:合わない店に入れられる

本来なら、スカウトマンはキャバクラを見極め、それぞれの女の子に合う店を紹介するのが仕事です。もちろん、そうしてくれるスカウトマンもいます。しかし、スカウト経由で入店してからのもっとも多いトラブルは、「店が合わない」ということなのです。

スカウトマンはそれぞれに提携しているお店があります。小さなお店はスカウトマンを雇い入れることはあまりなく、その区域の中でも大きめの店がメインのクライアントになることがほとんどです。

その数が少ない場合、雰囲気に合うお店を紹介できず、独断で店を選ばれるケースも実際にあるのです。明らかに雰囲気や経験値を無視したお店ばかり紹介されるようなら、早々にそのスカウトマンとは縁を切ったほうがいいでしょう。

スカウトのデメリット2:AVや風俗系の店へ紹介される

スカウトマンは、キャバクラ勤務志望の女の子を、風俗関係の店やセクキャバなどに入れようしてくることがあります。キャバクラよりも風俗店のほうが紹介料が高いため、自分の売り上げを伸ばすためにあの手この手を使って入店させようとしてくる人もいるのです。これが、スカウトマンを使う最大のデメリットと言ってもいいかもしれません。

確かにキャバクラも水商売ではありますが、キャバクラではいわゆるおさわりというのは禁止されています。しかし、セクキャバでは女の子の体を触ることが許されていたり、風俗のお店ではもちろんそういった行為をさせられることでしょう。

こういった悪質なスカウトマンにあたってしまった場合、たとえ風俗店への入店を断れても、キャバクラでもあなたの希望もかなえてもらえないことがほとんどです。なるべく早く縁を切って違うスカウトマンを探すか、求人情報媒体から自力で探すのをお勧めします。

百聞は一見に如かず!体入して確かめよう

スカウトマンに紹介してもらう場合でも、本入店の前に必ず体験入店しましょう。体験入店を受け入れているお店はシステムもしっかりしていることが多いので、女の子に気に入ってもらえる努力をしているお店を選べば間違いないでしょう。

ナイトワークでは聞いていたことと実際に働いてみた実感が違ったというのは、よくある話なのです。1日でも働ければ、お店に合っているかを肌で感じることができるでしょう。体入のあとに本入店を決めても遅くありません。

ここで注意しなければいけないのは、スカウトマンからの紹介の場合は「入店させないとスカウトマンに取り分は入らない」ため、本入店をすすめてくるということです。体験入店で辞められては困るとして、そもそも体入という選択肢すらも持って来ない可能性もあります。

もちろん上手にスカウトマンを活用することでメリットはありますし、体入をスカウトマンに頼んでおくことでさせてくれることもあるでしょう。ただ、確実にキャバクラで体験入店してから本入店したいなら、求人サイトを利用した方がスムーズでしょう。

スカウトのメリット・デメリットはしっかり判断しよう

今回は、スカウトマンを活用してキャバクラに入店するメリット・デメリットなどについてお伝えしてきました。

スカウトマンを活用してキャバクラに入店すると…

 

  • 時給や条件が良くなるケースもある

 

  • 面接への取り次ぎがスムーズ(ほぼ確実に合格する)
  • トラブル時に仲介してくれる
  • 合わない店に入れられることは稀

 

 

などのメリットがあります。

 

しかし、求人情報から直接応募をして、体入で自分の目で見極めた方が安全なことも事実です。ナイトワーク専門の求人サイト「体入ドットコム」(体入ドットコム首都圏版)ならお店の様子をしっかり確認してから、スムーズに体験入店できます。体入するなら体入ドットコムを活用してあなたに合ったお店を探してくださいね!

関連記事一覧