あなたは知ってる?自分に本当に似合う、リップの色ガイド♡

自分に似合う、リップの色がある


パッと見のインパクトが大きく、印象を左右するリップカラー。
色合いによってかわいさがアップしたり、セクシーになったり・・・。
同じ色でもつける人によってイメージが変わったりしますよね。
顔の中でも重要なポイントとなるリップ。あなたはどうやって選んでいますか?
流行りのカラーを選んだり、好きな色を選んだり?
実は、その人によって似合うリップの色があります。
似合うリップの色をつけると、こんなメリットがあるんです!

リップカラーのメリット・デメリット


自分に似合う色のリップカラーをつけると、
こんなメリットが。

色白に見える
血色が良く見える
目に輝きが出て、大きく見える
肌に透明感が出る
小顔効果

逆に、似合う色じゃないリップをつけてしまうと・・・。

不健康に見える
シミ・シワが目立つ
肌がくすんで見える
クマが目立つようになる
リップの色だけが浮きやすい

人の肌色は2つのベースに分けられる

まず、似合うリップの色探しに重要なのが、肌の色。
人の肌の色は大きく2つのベース「イエロー」と「ブルー」に分けられます。

イエローベースの代表
安室奈美恵さん

安室奈美恵 namie amuroさん(@namie_amur00fficial)がシェアした投稿 –

石原さとみさん

ブルーベースの代表
柴崎コウさん

@tokiotokyo1103がシェアした投稿 –

新垣結衣さん

イエローベースの人は頬の赤みがオレンジで、シルバーよりゴールドが似合います。
ブルーベースの人はローズピンクの頬で、シルバーの方が似合います。

自分でチェックするには、白画用紙を顔の下において鏡を見てみてください。
顔がくすんだらイエローベースで、明るくなったらブルーベースです。
また、日焼けしたときに黒くなるのがイエローベースで、赤くなるのはブルーベースです。
より本格的に知りたい人は、プロの診断を受けるのがおすすめ。

パーソナルカラー別・似合うリップの色

<イエローベース>
イエローベースの人は、黄みを含んだカラーを選ぶのがおすすめ。
温かみを感じさせる、コーラルピンクや暖色系ローズなどが似合います。
青みが強いものは顔色がくすんでみえてしまいます。

<ブルーベース>
ブルーベースの人は、青みを含んだ色をチョイスするのが必須です。
青みピンクやモーヴなど、青みがかったカラーを選びましょう。
また、トレンドのベリーリップならカシスベリーがおすすめです。

sugar:)さん(@oh_sato3)がシェアした投稿