姉ageha×LuLINEコラボ企画♡キャバ嬢を辞める時に絶対しておくべき9つの事

キャバ嬢に人気のWEBサイト「LuLINE」と雑誌「姉ageha」がタッグを組んで、夜に働く女性に向けたアンケートを実施しました。

アンケート結果から、“キャバ嬢を辞める時に絶対しておくべき9つの事”を相談ベースでご紹介します。
「引き際っていつ?」
「学歴がないけど昼職できる?」などなど…!!

回答者は元キャバ嬢で、現在昼職をしている姉ageha読モなど💖

これを読めばスムーズに夜の世界を卒業できる事間違いない!!

キャバ嬢を辞める時に絶対しておくべき9つの事

①Q.漠然と昼に転職したいけど、一般常識や人間関係など適応できるか心配です。(azian club れみさん)


https://luline.jp/cast/view/520/

A.完璧な人間なんていないから大丈夫!
①わからないことは全部聞く
②自分から周りに歩み寄る
③感謝の気持ちは言葉で伝える

指摘されることは全部自分の為になると思っておくと、素直に受け入れられるし成長にも繋がるよ✨
(ダイエットアドバイザー CHIHAさん)

②Q.やっぱり生活レベルは下がりますか?美意識もにぶりそう…(のあさん)

A.新しい環境に合わせて自然に落ち着いた🐱
最初はどうなるかと思ったけど、現役キャバ嬢時代に貯金してたおかげで不安にならずに済んだ😉
私の場合、大きく変わったのはタクシーを減らして電車に乗るようになったことくらいだったしね。
遊び方も昼の友達寄りになったおかげで金銭感覚も自然と控えめに♪
美意識で変わったのはメイクが薄くなったことくらい。
ほかは変化ナシ★

③Q.自分のやりたいことが見つからない。就職に役立つ資格ってありますか?(Gentleman’z club 七瀬美月さん)

Gentleman'z club 七瀬美月さん
https://luline.jp/cast/view/137/

A.何かしら手に職をつけておくと後々強いよ✨
資格を取るにしても就職のためというよりは、「いかに興味を持てるか」が大事だと思う。
美容系でもアクセ作りでも、料理でも何でもいいけど、まずは1日体験などに行ってみたらどうかな😆
その中から一生の仕事にできそうな資格を見つけたら、あとは勉強あるのみ!
業種にもよるけど、資格習得に時間がかかるものの場合、安易に夜を辞めない方がいいよ。
資格を取ったからってすぐに仕事があるわけじゃないから。
ある程度の貯金をして、昼の生活の基盤を作っておくことも重要だよ✨

④Q.辞める前にやっておくと良いことはありますか?(美人茶屋六本木 葉月芽生さん)

美人茶屋六本木 葉月芽生さん
https://luline.jp/cast/view/795/

A.先輩たちの「やっといて良かった!」「やっとけば良かった!」は参考になる!!

  • 貯金!!
    先輩みんなが口を揃えて「結局頼れるのはお金!!」と即答。貯めるべき金額は昼職の補てんなのか独立開業なのかで違うので、充分シミュレーションすべし!
  • 人脈作り
    社会の成功者が集う場所に働いてるんだから、自分アピールのチャンス!「金づるじゃなくて、心底信用できる人が後々財産になる😉」(早川沙世さん)
  • 美容メンテ
    脱毛とか、自分にコンプレックスがあるなら整形とか、大がかりな歯の治療とか、時間とお金がかかることをやっておくのが正解😺
  • 貯金!!
    先輩みんなが口を揃えて「結局頼れるのはお金!!」と即答。貯めるべき金額は昼職の補てんなのか独立開業なのかで違うので、充分シミュレーションすべし!
  • 昼職バイト
    「昼間のアルバイトを経験しておくと、社会常識が身につくと思う★いきなり就職するよりギャップがなくなるよ」(CHIHAさん)
  • 手に職をつける
    「稼げている間に学費を払い終わっちゃえば、手に職もつくし、辞めた後に余計なお金の心配しなくて良いし、オススメ!」(水原乙さん)
  • 長期旅行など贅沢
    昼職に就いたり開業すると、時間に追われる日々になる。「もっと贅沢しておけば良かったってよく聞くよ✨」(青木えりさん)

⑤Q.開業したいけれどお金がない…独立した人はやっぱりパパに出してもらってるの?(あゆみさん)

A.開業資金は自分で貯めるべき!自分のお金だからこそ頑張れる😸
援助してもらう人もいるだろうけど、私的にはおすすめしません。
自分で貯めたお金で開業した方が、「損はしたくない! 絶対にムダにできない!」という思いが強くなり、ガツガツ働けると思うんです。
お金の管理能力や責任感も身につくし。借金や援助は所詮、他人のお金。気持ちが緩んで、結局失敗してしまう気がする…💧(奈々)

⑥Q.引き際っていつ?数年前からズルズル働いてる感じなんです(エレナさん)

A.ビジョンがないとズルズルしがち💧夢や目標を持つことが先決!
本気で引き際を感じてるんだったら、自分にムチを打つ覚悟を持って!
まずは1年後の自分の姿の理想像を描いてみて。
例えば彼氏と婚約するとか、昼に就職するとか資格を取るとかね💓
目標ができることで、具体的にやることが見えてくるはず。
1年って期間を決めれば、フェードアウトの準備もできるし、貯金もできるよね✨
(美容室経営&アクセサリーデザイナー大城あいさん)

⑦Q.辞めた後、お客さんから連絡が来たらどうする?(莉奈さん)

A.普通に返事をしてた😉色恋が絡まなければ大丈夫!!
私の場合は色恋営業じゃなかったから、特に無視したりしないで普通に返事してたよ♪
ただし長いやりとりはしなくて、元気?って聞かれて元気だよって答えるぐらい!
夜やってるときは自分から連絡するけど、自分から送ることがなくなると、自然消滅していくんだと思う。
ただし色恋が絡んでるなら無視した方がいいのかも!(ユウキさん)

⑧Q.学歴がないので、まともに就職できる気がしません…。(ももさん)

A.学歴がなくても資格を取ってカバーすれば大丈夫!
学歴重視の仕事は今はそんなに多くない!
むしろ接客という部分では、経験がプラスになることが多いので、夜をやってるコには目標と自信を持って欲しい💓
プラスαで資格を取っておけばさらに安心♪
夜働いて、昼間は勉強で…体力的にはきついというのはあるけど、やってできないことはない!
目標があれば頑張れる😉(奈々さん)

⑨Q.夜を辞めると友人関係もやっぱり変わってしまうものですか?(唯衣さん)

A.お店の雰囲気によるけど…正直、変わると思います!
活動する時間帯が変わってくるし、夜の友達はどうしても疎遠になってきちゃいます💧
私の場合は、お店の雰囲気がザ・仕事!みたいな感じだったから、プライベートで仲良かったコが少なかったこともあって、あまり変わらなかったかな。
知り合いの中には夜を上がったから、ヒガミなのか、一切連絡が取れなくなったというコもいる!
(梓さん)

昼職で生き抜くための最低限の心得

  • 毎日決まった時間に起きて、規則正しい生活をする(たまには息抜きもOK♪)
  • 時間厳守は当たり前。遅れる場合は必ず連絡を入れる!
  • 組織内では何事も「報告・連絡・相談」が大事。独断は禁物。
  • 日々勉強することが多いけれど、投げ出さずにやり遂げる根気を持つ。
  • 年齢相応の一般常識は「あって当たり前」。知らないじゃ済まされない
  • 価値観の違いに驚いても、表に出さない方がいい。

アンケート記事は他にも♡

続きは姉agehaで!

もっと続きが気になる!という方は
是非、2018年6月7日発売の『姉ageha 7月号』をチェックしてみてね✨

姉agehaは全国のコンビニ・書店で発売中♪
姉アゲハ2018年7月号
https://mediasjp.com/aneageha/

次回は、夜職から夜職へ転職するときのお悩み相談を解決していきます✨
「地元のキャバクラから東京へ進出しようと思っています。何かアドバイスをお願いします!」
「ママとかチーママって大変?」
「雇われだと給料も下がりそう…」などなど!
夜働く女の子なら気になる疑問や不安を解決していきます💕