夜が弱くても大丈夫!朝キャバ・昼キャバでさりげな勤務♡

キャバクラで働くことに興味はあるんだけど……

「キャバクラで働きたいけど、夜は眠くなっちゃう……」
「実家暮らしだから、あんまり夜遅くまで働けない」
「親バレ・彼バレしないようにキャババイトしたい……」

キャバ嬢になりたいけど、踏み切れない理由。
その理由の一つに、キャバクラでの勤務時間があります。

でも、朝や昼から働けるキャバクラがあるとすればどうでしょうか?
働きやすい時間帯、親バレや彼バレの心配がない形態でお仕事ができるとすれば?

もしかしたら、朝キャバや昼キャバが、そんな望みを叶えてくれるかもしれません!

今回の記事では、気になる朝キャバ・昼キャバの特徴と魅力に迫ります!

キャバクラって勤務時間が遅い……

キャバクラは普通、20時~26時くらいの中で何時間か働くスタイル。
ナイトワークでないバイトに比べて時給が高いので、短時間で効率的に稼げるのがキャバクラの魅力ですが、開始時間が遅いという特徴があります。

例えば20時から働くとしたら、終電前の23時までの3時間しか働けません。

終電を過ぎたときは送りがある店もありますが、順番待ちなんかですぐに帰れないこともあります。

結果、思ったよりも帰宅が遅くなってしまったり。

キャバクラは、どうしてお店が開く時間が遅いんだろう?

キャバクラの開店時間が遅い理由。
そればズバリ、「お客様が来店する時間が遅い」から。

一般的な企業やお店で働いてる人は、キャバクラに来るちょっと前まで仕事をしていたり、1次会があったり、ゴハンを食べていたりします。

接待にしても、同じ会社の人同士のお客様にしても、ひとしきり飲み食いをしたあと、2次会や3次会でキャバクラを使うことが多く、どうしても来店時間が遅くなりがちなのです。

なので、お店を訪れるお客様が増えて賑やかになってくるのは、21時ごろから。
お店は、ピークの時間帯に合わせて女の子の人数を揃えておきたいので、勤務開始の時間が遅くなるのです。

18時や19時から開店しているキャバクラでも、早い時間にシフトを入れる女の子の数は多くありません。
終電までの時間しか働けないコが多いお店の場合、シフト自体入れなくなる可能性が出てきます。
効率よく稼ぎたくてキャババイトをしているのに、シフトに入れないんじゃ話にならないですよね。

そこで朝キャバ、昼キャバの出番!

朝キャバ・昼キャバで働くメリット

・勤務開始時間が早いから、さりげなくキャバ嬢できる!

朝キャバ、昼キャバのメリットのひとつは、勤務時間が日中なこと。

朝早くや、夕方までの勤務開始なら、親バレも彼バレも心配なし!
昼間のバイトに出かけるよって顔をして、堂々とキャバクラに出勤することができちゃいます!

同じような環境のキャストも多いので、女の子同士も仲良くなりやすい!

既婚者だったり、主婦だったりするコも多いので、悩みを言い合えるお友達もできるかも。

・ワンピースや女性らしい私服で働けるお店が多い!

朝キャバや昼キャバは、普通の夜働くキャバクラに比べて、カジュアルなカッコで勤務できるお店が多いです。

自分のお気に入りのワンピースが衣装、ヘアメイクも自分でできる程度の華やかさで大丈夫なので、ヘアメイク料金や貸衣装代が節約でき、勤務後にそのままお出かけしたり、そのままおうちに帰っても浮きません!

ちょっとカジュアルな服装のポイントは、「デートするときの服」をイメージすること。
髪もメイクも、普段よりちょっとキラキラするような感じがベストです!
お気に入りのお洋服で接客ができるから、あんまり緊張せずに、自分らしさが発揮できますよ!

もちろん、ドレスを着られるお店もあります。
体験入店したときに、お店に確かめてみてくださいね。

・キャバクラ初心者、主婦、そしてナイトワークに疲れちゃった人にも

朝キャバや昼キャバは、いずれ夜働きたい女のコや、とりあえずキャバクラ体験をしてみたい初心者ちゃんは入門編としてとっつきやすいんです。

夜に比べて時給は安めだけど、コンビニやスーパーでバイトするよりも全然稼げるし、ノルマが少なかったり、ないお店も少なくありません。

同伴やアフターも強制されることはあまりないです。
つまり、働くコにとって、プレッシャーがかかりにくい!

学業や就活にも響きません!

お仕事が終わってお店を出ても、まだお空が明るいこともあるんです。

一日が終わる前に自分の時間が持てることって、想像以上に魅力的なことなんです!
ナイトワークから朝キャバや昼キャバに移ってくる人は特に、この点に魅力を感じているみたいです。

・健康にも良い!

朝キャバ・昼キャバは、その名の通り、朝から昼過ぎ、昼から夕方にかけてのお店形態です。

夜遅くまでのお仕事だと体調を崩しがちの女の子や、どうしても夜は眠くなっちゃうコ、ダイエッターだから、夜何時以降はお酒を飲みたくないなんてコにも働きやすい!

睡眠時間だって邪魔しないから、いつもイキイキとお仕事できちゃう!

朝キャバ・昼キャバにはどんなお客様が来るの?

普通のキャバクラには、サラリーマンの接待や業界人など、昼間はフツーにお仕事をしているお客様が多いですよね。

だから次の日がお休みの日、金曜日が大混雑!になったりするわけです。

では朝キャバ・昼キャバのお客様層はどうでしょう?

・外回りの途中に立ち寄る営業さん

もちろん会社にバレたら叱られちゃうパターンのお客様です。

夜キャバクラに行くよりも、休憩ついでに昼キャバにでもっていう、自由な発想の持ち主。
お仕事の途中なので話題も多く、お話に困りません!
リフレッシュして仕事に戻れるよう、サポートしてあげたいですね。

お酒は薄めに作るように頼まれることが多いです。
暑い時期にはお水も飲むように促してあげましょう。

・ついさっきまで仕事をしていた、ホストのお兄さん

明け方、お仕事が終わってから朝キャバに遊びに来るパターンのお客様です。

一晩中いっぱい気を使っておもてなししてきたから、今度は朝キャバでもてなされたくて来てくれるわけですね。

すでに酒気帯びの状態なのでノリが良く、お酒も豪快に飲んでくれることが多い!

キャバ嬢の方まで、朝のけだるいテンションから抜け出せそうな明るさを運んでくれます。

・接客業さん・自営業さん

例えば美容院などの接客業は、火曜日や水曜日が休みだったりします。

「キャバクラで遊びたいけど、次の日も朝早くから仕事だし……」
「休みだから遅く起きたけど、特に予定もないし……」

というわけで選ばれるのが、昼キャバというわけです。

キャバクラ嬢にとって楽な時間帯の営業ということは、お客様にとっても同じように感じる人がいるということ。
職業がいろいろならお話もいろいろです。

しっかりリフレッシュして、次の日に備えてもらいたいですね。

朝キャバ・昼キャバは接待で使われることが少ない

このように、朝キャバ・昼キャバは、接待で訪れる人の割合が少ないです。
どちらかと言えば、自分の趣味やリフレッシュ、話を聞いてもらったり、おしゃべりをしたくてお店に来る人の方が多め。

なので、女の子の方もバリバリの夜ドレスで対応するよりも、ややカジュアルなワンピースなどで接客をする方が良いというお客様が多いです。

朝キャバ・昼キャバで働くには、どのサイトで探せばいいの?

今回の記事では、朝キャバ・昼キャバの魅力とメリットについて伝えてきました。

「働きやすそうで気になったけど、どうやって探せばいいの?」
「私に合うお店の探し方が分からない……」

そんな悩みを解消するのが、体入ドットコム
ナイトワークのお仕事に特化した求人情報サイトだから、女の子の希望に合ったお店が探しやすい!

どんなお店もまずは体験入店してみることから始まります。
まずは一歩、踏み出してみませんか?

朝キャバ・昼キャバの募集があるお店はコチラから