元ボーイが語る!キャバ嬢が三代目J Soul Brothersにハマる4つの理由

今、J-POPシーンでもっともアツいグループといえば、三代目J Soul Brothersでしょう。
キャバ嬢の中にも彼らを支持する人たちが大勢います。元ボーイの立場から、その理由を分析してみましたよ。

1.ソフトオラオラ系だから

三代目をジャニーズと比較してみるとわかりやすいです。
三代目はサーファーかと思うくらいみんな色黒でタフな印象ですよね。
それに対して、ジャニーズは色白で中性的なルックスです。
キャバ嬢にもいろいろな男の趣味の女性がいますが、
ソフトオラオラ系は概してウケがいいです。
イコール、三代目はルックスで支持されることになります。

2.人がたくさんいるから

キャバ嬢といえばパーティー好きな人が多いです。
そもそも、仕事=毎晩パーティーみたいなもんですからね。
三代目を見てみてください。
人がたくさんいて、賑やかな感じがしますよね。
とにかくお祭り騒ぎが大好きな嬢にとって、まさに三代目はその存在自体がお祭りのようなグループです。

3.ダンス

キャバ嬢は飽きっぽいです。かなり、飽きっぽいです。
数秒間でも止まっていることができません。
つまり、視覚的な刺激を絶えず与えてあげないと一瞬で飽きてしまうのです。
その点、三代目は常に踊っていますよね。
イコール、見ていて飽きないのでキャバ嬢たちは彼らを支持します。

4.歌が演歌系だから

キャバ嬢は実はとても保守的な考え方をしていたりします。
音楽は、日本の演歌によくあるような悲劇的な恋を歌った歌を好んだりします。
三代目のデビュー曲は、「友達の彼女を好きになってしまった」みたいなテーマの曲なんですよね。
best friend’s girlってやつなんですけど。
イコール、キャバ嬢はそういうのが好きなので、ファンになります。
一昔前に流行した浜崎あゆみなんかも、現代的に見せておきながら意外と歌は暗い恋愛ものなんですよね。

 

いかがでしょうか?音楽評論家でもある元ボーイの分析になるほどね~と思っていただければ幸いです。