キャバ嬢デビューにあたっての必需品って何!?何を持ってけばいいの!?

キャバクラはお店のキャストとしてデビューする日に、面接などをすることがほとんどです。
そのため初めてお店に出向いて、そのままキャバクラデビュー!というのが一般的な流れなんですね。
でもいきなりキャバクラデビューとなると…何を持って行ったらいいのか、何を持っていると便利なのか迷ってしまいます。
そしてだんだん考えているうちに怖くなって…と、悪循環に陥ってしまいます。

そこで今回はキャバクラデビューにあたっての必需品について、ご紹介していきますね。
これを見て準備すれば、きっとステキなキャバクラデビューになること間違いなしです!

キャバクラデビューの前に!面接の必需品とは?

キャバクラデビューをするときには、実際に働く前に必ず面接があります。
店長さんや担当の黒服さんが担当してくれるのですが、まずはこのときに必要なものをご紹介します。

①身分証明書

お店としても、これから働く人がどこの誰なのかわからないのは不安ですよね。
そのためにも身分証明書は必ず提示するお店が多いです。

たまに身分証明書のことは特に言われず、お店の専用用紙に氏名と生年月日などを書けば良い場合もありますが…。
キャバクラは18歳以上でないと働けないので、主に年齢確認のために身分証明書をチェックされます。
悪いことに使われることはないので、安心してくださいね。

②やる気と元気!

キャバクラに限ったことではないですが、やはりやる気と元気があればお店の人からの印象も良くなってより高待遇にしてくれることも。
声は大きめでハキハキと、笑顔を忘れずに話すことが一番ですよね。
またキャバクラデビューの時にお店に入るのが怖いという人も結構多いのですが、意外とオープン前は明るくてスタッフさんも優しいので安心してください。

キャバクラの女の子の必需品!ポーチの中身は?

キャバクラで働く女の子が必ず持っているものは、クラッチバッグなどの小さめのポーチです。
これはキャバクラデビューをするにあたっての必需品で、確実に用意しておきたいですね。
ポーチは出勤のたびに使うことになるので、体入した後のことも考えて購入しておくと良いでしょう。
無い場合は貸し出してくれることもありますが、結構ボロボロだったりドレスとマッチしていなかったりするので自前で揃えたいですね。

チャームがついていたり、ビジューが敷き詰められているものは暗いお店でも目立って可愛いです。
だいたい5,000円以内でも買えるものなので、気に入ったものを使ってくださいね。
さてそんな気になるポーチの中身ですが、どんなものが入っているのでしょうか。

①ハンカチ

キャバクラで働く際は、ハンカチは必需品と言っていいでしょう。
お客様のグラスの水滴を拭き取ったり、自分がお手洗いに行った時の手拭きとしても使ったりします。
ハンカチもそこらへんのタオルではなく、できれば可愛い目立つものを持っていきましょう。
お客様から見て「きちんとしているな」と好印象を持ってもらえるデザインをチョイスしたいですね。

②ライター

キャバクラデビューをするときにお店の人から習うのが、お客様のタバコに火をつける動作です。
そのためライターは、キャバクラデビューでは必需品なのですね。
中にはお店のロゴが入ったライターをくれる場合もありますが、個性を出すために変わったデザインのライターを持っておくのもおすすめです。
また自身がタバコを吸わない場合は体入の時はお店のライターを使って、本勤務するようになったら自前のライターを購入するのが良いかもしれないですね。

③名刺ケース

体入でキャバクラデビューをするときには、自分の名刺ではなくお店の空名刺が配布されます。
そこに自分の源氏名を書いてお客様にお渡しするのですが、やはり名刺を渡す時はケースに入れておきたいもの。
ポーチからそのまま直接出すのでは、全く印象が違いますよね。

名刺入れは2,000円くらいで買えるので、ぜひ用意しておきましょう。
時間があれば自分でデコるのもおすすめです。

④メイク道具

小さめのファンデやリップ、口紅やアイライナーを入れておきましょう。
結構飲んでいたり喋っていたりするうちに、口紅って簡単に取れちゃうんですよね。
お手洗いに立つたびに、しっかりメイク直しして席に戻りたいところです。

ちなみにお店の中は結構暗いので、口紅の色は少し派手なくらいがちょうど良いですよ!
アイライナーは落ちにくいタイプを選んで、いつでもバッチリ決めておきましょう。

⑤ペン

名刺に連絡先やメッセージを書き込むときに役立つペンも、かさばるものではないので必需品としていつもポーチに入れておきましょう。
事務的なボールペンではなく、可愛らしいデザインのものであればより好印象です。
万が一インクが出なくなることもあるので、2本くらい入れておくと良いですよ!

キャバクラデビューで持っていた方が良いもの

キャバクラデビューで慌てないために、またより楽しくお仕事ができるように持っていた方が良いものをご紹介します。

①ストッキングの替え

キャバクラデビューでは、何があっても慌てないように準備をしておきたいですよね。
意外とテーブルを移動している時などに、ストッキングが引っかかって伝線してしまうことがあります。
そんなときにストッキングの替えがあれば、お手洗いに行った隙に取り替えられますね。

ストッキングは一般的な肌色のものを用意しましょう。
白めのものよりも、暗めの肌色の方が足が引き締まって見えます。

②ヌーブラ

キャバクラではお触りが禁止なのでヌーブラで見た目を盛ることもバレにくく、印象を強くするためにも大切になります。
ヌーブラをすることでドレスを着ても胸のラインを綺麗に見せることができ、お客様からも好印象です。
中にはヌーブラを二枚重ねに盛っているツワモノも…!
触って確かめられるわけではないので、どんどん使えるものは使って自分の体を魅力的に見せていきましょう。

③衣装や靴

ほとんどのお店がドレスを貸してくれますが、薄汚れていたり切れていたり…あまり満足するものは身につけられないものなんですよね。
明るめの色で体のラインが出るドレスや、ヒールが高い靴を持っておくとどこのお店でも使えるので便利です。
ヒールは高ければ高いほど衣装が生えるので、背が低い人はぜひ用意しておきましょう。
お店によっては制服があるところもあるので、その場合はお店の指示に従ってくださいね。

④ノートとペン

体入で入っていたとしても、席に着いたお客様と仲良くなることも多々あります。
そんなときにノートとペンを持っておけば、お客様の話の内容や特徴などを書き込んでおけるので本入店の時に役立ちます。
やはりお客様は、前に話した内容などを覚えていてくれると嬉しいものなんです。
待機になった時や、控え室に行った時などにサッと書き込んでおきましょう。

さいごに

キャバクラデビューにあたっての必需品について、ご紹介してきました。
キャバクラデビューするのに必ず必要なものから、あったら一歩先行く気遣いができるものまで準備したいものはたくさんあります。
お客様のために何が必要か…自然と考えられるようになれば、もう立派にキャバ嬢スキルは持ち合わせていますよ!

準備さえしておけば、キャバクラデビューも怖くありません。
キャバクラデビューをする際は、まずそのお店の雰囲気などを知ってお試しをするために求人掲載数No.1体入ドットコムを利用してみましょう。

【求人掲載数No.1体入ドットコム 安心して働けるお店ばかりです!】

お店のタイプや場所など、自分に合ったお店を探すことができるので便利なんです。
なんと即日勤務可能なお店もあるので、とにかく今すぐキャバクラデビューしたい!という人にもおすすめ。
体入はキャバ嬢としての練習の場ですが、もちろんお給料はきちんと出ます。
稼ぎながら勉強ができるなんて、すごく良いと思いませんか?

キャバクラデビューの近道は、体入ドットコム