これからキャバクラで働く女子のための5つの心得

これからキャバクラで働きたいと考えている女の子の中には、不安に思っている方もいると思います。
でも安心してください!!
キャバ嬢になるときは、ほとんどの女の子が「顔やスタイルに自信ないな…」「人見知りでお話しするのが苦手だけど大丈夫だろうか」「お店の女の子と仲良くできるかな~」などと不安に思っているものです。

未知の世界へ踏み込もうとするときは、誰でも不安が付き物です。
そこで今回は、これからキャバクラで働きたいと思っている女の子へ“キャバクラで働く女子の心得5箇条”をご紹介しますよ!
心得と言っても、何も難しいことはありません。
基本的なことばかりですので安心してくださいね。

心得その1:社会人だという意識を持つ


水商売といっても社会人であることには、何ら変わりはありません。
一番重要なのが時間を守ることや最低限度の敬語を使えようにすることなど、キャバクラ嬢といえども社会人だという自覚持つことなのです。

これは、お店に在籍する前の面接や体験入店日でも同様です。
お店側と約束した時間には、待ち合わせ場所へ行くようにしましょう。
もしも、遅刻しそうなときは、きちんと先方へ遅れてしまうことを伝えましょう。

またお店へ行く時は、お化粧はきちんとしておきましょう。
間違っても、すっぴんで行くなんてことのないようにしてくださいね。

女子の化粧については“社会人の礼儀”とも言われています。
ましてやキャバクラは、男性を接客することがメインのお仕事です。
いつもより念入りにお化粧をして出向くようにしましょう。

髪型については悩む方も多いと思います。
「巻き髪で行った方がいいのかな~」なんて思う人も多いと思いますが、結論から言いますとストレートヘアーで行って問題ありません。

キャバクラでは店舗に専属のヘアメイクさんがいてくれたり、契約しているヘアメイクサロンがあったりします。
だいたい1回1000円~1500円でやってくれます。
ヘアメイク代はお給料から引いてくれることが多いので、手持ちがなかったとして安心して出勤することができます。

そして、敬語についてです。
キャバ嬢はお客様に対して敬語が使えた方がいい場面に出くわすことが多いです。
お客様は、ほとんどが目上の方になると思います。
その方に初対面でタメ口を聞くのはよくないことだと誰もが分かると思います。
また、面接時に初めて会う店長やボーイさん、お店のキャストの方へも当然敬語を使うようにしましょう。

心得その2:笑顔を忘れずに!

キャバ嬢は、自分がどんな状況だったとしても、お客様へ笑顔を向けなければいけない場面が多くなります。
また、笑顔は相手に好印象を印象付けられる最大の武器になるのです。
「笑顔がかわいい子がタイプ」という男性は多いと思います。

よく学生時代に、美人ではないのに…そこまでかわいくないのに…異性にもてる女の子っていたかと思います。
そういう女の子はたいてい、笑顔が絶えない子だったり、笑った顔が印象的な女の子だったりしませんでしたか。
笑顔って大切なんですよ!

笑顔でいることで、お客さんからの指名に繋がることはもちろんですが、お店のボーイさんたちやキャストからも好かれるようになります。
当たり前ですが、暗い雰囲気の女の子よりいつも笑顔で元気のある子の方が話しかけやすいですし、仲良くしたいですよね。
常に笑顔でいることがいかに大切なことか分かるかと思います。

心得その3:ドレスや髪型は似合うものをチョイス!

キャバクラと一言で言っても色々なタイプのお店が存在します。
コスプレキャバクラや制服キャバクラや水着キャバクラなどありますが、今回は一番主流なドレスで接客するキャバクラという前提で話をさせてもらいます。

キャバ嬢のドレスは新宿や池袋などの繁華街のドレス屋さんやALTAなどのショッピングセンターの中で購入することができます。
また、ネット販売されているサイトもたくさんあります。
しかし、初心者のうちは、インターネットで購入するのはあまりおすすめしません。

というのも、キャバ嬢用のドレスは数えきれないほど種類があります。
ドレスは、キャバ嬢にとって戦闘服のようなものでかなり重要です。
最高に美しい自分を演出し、体型などのコンプレックスもカバーしてくれるものを選ぶことが重要です。

ここでポイントとなってくるのが自分の好みとお客様の好みというのは、イコールではないということです。
いくら、自分がかわいいとおもったドレスでも似合わなければ意味がありません。

色、丈、形などどんなものが似合うのか、初心者の頃は実際にドレス屋さんへ出向き、何着も試着してみてください。
そうすることで、どういうドレスが自分には似合うのかが分かってきます。

同様に、サンダルや髪型も同じです。
自分が好きなものを選ぶというよりは、相手に選んでいただけるようなものをチョイスすることが重要です。

これも、特別難しいことではありません。
日頃から、買い物するときは、自分に似合う色や形を意識してみれば良いのです。
自分に似合うドレスや髪型を自分自身で理解しているということがキャバ嬢としては重要となってくるんです。

心得その4:聞き上手になりましょう!

キャバクラ嬢は、お話しするのが上手というイメージがあると思いますが、みんながみんなそうではないんですよ。
確かに、お話上手で、お客様を盛り上げるのが得意なキャストもいます。
しかし、もっと重要なことがあります。
それは…人気のあるキャバ嬢のほとんどが“聞き上手”なんです。

キャバクラへ来るお客様は、ほとんどの方が話を聞いてほしくてお店へ来ます。
特に一人で来店するお客さんは間違いなく、お話を聞いてほしいんです!
普段聞いてくれる人がいないので、男性はキャバクラへ来るんです。
例えば、仕事で成功したことだったり、悩みごとだったり…なので、とにかくお話を聞いてあげてください!!

相槌を打つことはもちろんですが、大げさなくらい「そうなんですね!」と共感してあげてください。
けして、相手のことを否定するような態度だけはしないようにしてください。

そうすれば、お客様はあなたとお話しするのが楽しいと思ってくれるはずです。
男性は自分に共感してくれる女性に好感度を持つことが多いと言われています。
キャバ嬢としては、“話し上手”になることよりも“聞き上手”になることが大事なのです。

心得その5:目標を持つ!

よく目標を持たずに、だらだらと水商売を続けている女の子をみかけます。
時間も不規則で高収入なお仕事だからこそ、目標なく続けると楽な方向へ流されてしまいます。

目標は何でも良いです。
「絶対にお店のナンバー1になりたい」なんて大それたものでなくて大丈夫です。
「海外旅行へ行きたいから○○万円貯めたい」とか「あのバックが欲しい!」とか簡単なものでOKです!

人は目標があった方が、その目標のために頑張れます。
そうすると、意識しなくても自分自身で工夫して売り上げをアップさせて、その結果時給もよくなっていくのです。
先ほど言った目標もなくだらだら続けている人は、だいたいがほとんど指名もなかったり売り上げもないような女の子ばかりです。

まとめ

以上がキャバ嬢の心得です!

あとはとにかく自分自身も接客を楽しむようにしましょう。楽しんでいないのは、雰囲気に出てお客様にも伝わってしまうものです。
そして、お客様に楽しいと思ってもらえるように、リラックスできるような気配りをするというのがキャバクラ嬢の心得ということになります。

今回は、キャバクラで働く上での心得についてお話させていただきました。
もしも、キャバクラで働くことに興味を持っていただけた方がいましたら、体入ドットコムでお店を探してみましょう!

体入ドットコムは新しくキャバで仕事をしたい女の子が一番気になる点、厳しい審査をクリアした優良店のみが掲載されているんです。

働きたいエリアや働きたい日にちを入れれば簡単に検索できますよ。
そして求人掲載数No.1の体入ドットコムには未経験者OKなお店もたくさん掲載されています。
ご気軽に体験入店してみてくださいね!!