キャバクラで働くスタッフは意外と優しいってホント?

キャバクラで働いたことのない人から見たら、黒服の男性といえばすごく怖い人って感じですよね。
たしかに、人相の悪い人も何人かはいらっしゃいます。

でも黒服さんが怖いからキャバクラで働くのをためらっているなんて、非常にもったいないです!

なぜなら黒服さんたちは、本当はとても優しいから。
働いてみたら、きっとスタッフの優しさに癒されるはずです。

女の子のお世話をし、時にはしっかり指導し、時には守ってくれるのが黒服を着た男性スタッフなのですね。
そこで今回はそんなキャバクラで働くスタッフは意外と優しかったりする、そんなお話をしていきたいと思います。

キャバクラの女の子には担当スタッフがつく

初心者でも経験者でも、キャバクラに入店したら必ず1人担当のスタッフがつきます。
初心者の場合には教育係や相談係、そして出勤の管理や売り上げの目標なども一緒に面談で考えていくんですね。

だから良くあるアルバイトに新人で入ったら、誰も教えてくれなくて孤立した…なんてことはないので、安心してくださいね。

ちなみにこの担当スタッフは、女の子によって店長だったりマネージャーだったりさまざまです。
店長が担当だとあまり勝手や欠勤ができないので、気が引き締まりますよ!

仕事をする上でわからないことや、伝えたいことがある時はまず担当のスタッフに声をかけましょう。

おそらく本入店となった時に担当スタッフのみの携帯番号などの連絡先が書いた名刺をもらえるので、直接連絡でも大丈夫です。

キャバクラでは男性スタッフと話をしても大丈夫?

キャバクラではキャストと男性スタッフの恋愛を固く禁じており、処罰の対象になるくらいなんです!

これは日本全国どこのキャバクラでも決まっていることなので、頭に入れておきましょう。

だからみんなで雑談はしても、個人的に話をすることがないように工夫しているお店は多いようです。

例えば担当スタッフ以外の男性スタッフとは連絡先の交換禁止、あるいは2人で話をすることもできない場合があります。

担当スタッフさんも他の女の子たちとは楽しく雑談しても、2人での面談時は仕事の話しかしないなどきちんとメリハリをつけて接してくれます。

かといって冷たく接したり、勤務中に無視されたりすることは絶対ないので安心してくださいね。

ただし店長は別で、お店の責任者なので話をする機会は多々あります。

和気あいあいとしているお店なら、開店前に朝礼をする前はみんなで笑いあったりふざけたり楽しいですよ!

担当以外のスタッフと話す機会はある?

担当とはいっても仕事が始まってしまえば関係なく、どのスタッフも隔てなくサポートしてくれます。

黒服のスタッフがいるからこそ、キャストの女の子が働きやすい環境で輝けるんですね。

では本当に勤務時間外で、自分の担当以外のスタッフと話をすることはないのでしょうか。
これはお店によりますが、多くの場合普通にあります!

たとえば、閉店後に家の近くまで車で送ってもらうときなどですね。
これは必ずしも担当スタッフが送ってくれるわけではないので、他のスタッフが送りをしてくれることがあります。

その時はさすがに家に着くまで車の中で無言というのも気まずいので、話をすることが多いでしょう。

また仕事を終えてあがるときなどは、一言二言話すこともあるかもしれません。

ただ担当スタッフ以外とは雑談すら禁止しているお店もあるので、この場合はうっかり話さないように気をつけましょう。

担当スタッフと良い関係を築くためには?

それでは担当スタッフとより良い関係を築くためには、普段どのように行動していけば良いのでしょうか。

スタッフとの関係が良くなると仕事もしやすくなるので、ぜひポイントを押さえておきましょう。

①素直に言うことを聞く

担当スタッフに何かアドバイスをされたときなどは、素直に言うことを聞いておいた方が良いでしょう。

キャバクラに初めて勤務する場合は特に、言うことを素直に聞いておくだけでスキルも高くなります。
今までいろんな女の子を見てきたスタッフは、女の子のことを考えて助言してくれています。

そのため反発するのではなくまずは素直になって話を聞き入れて、それを実行していきましょう。

実はキャバクラのスタッフは経験者よりも初心者のキャストに担当としてつく方が嬉しいのです。

それはアドバイスなどをしたときに、素直に聞き入れて話を聞いてくれるからなんですね。

スタッフの話は、日頃からきちんと良く聞いておきましょう。

②無用な詮索はしない

何かスタッフが作業をしていたときなど、ちょっとだけ「何してるのかな…?」と気になっていても、心の中にとどめておきましょう。

そこで何をしているか聞いたところで、それ以上話は膨らまないからなんですね。

担当スタッフとはいっても無用な詮索はせず、ドライな関係を築くことが大切です。
スタッフは優しくしてくれるのでついつい親しくしてしまいがちですが、仕事の付き合いという線引きはしっかりしたいですね。

もちろん担当スタッフも仕事上必要と思われる話以外で、質問をしてくることはまずないでしょう。

仕事をしているときに良い関係を築ければ、それで十分といえますね。

③注意されたら謝る

業務上で何か不手際があった時や、お店側から見て良くないことをしてしまった時は注意されることがあります。

たとえば勤務時間なのに寝坊して、遅刻してしまったというケースが一番多いかと思います。

そんな時に担当スタッフから注意を受けたら、きちんと誠心誠意謝ることが大切です。

もちろん意地悪な人は少ないので、ずっと根に持たれたりいじられるということもありません。

注意されたら謝る、この簡単なやり取りがあるだけでスタッフと良好な関係が築けるのですね。

そして次から同じことをしないように注意すれば、もうバッチリです!
初心者であればあるほど、勝手がわからなくて失敗をしてしまうこともあります。

失敗してしまったことをへこむのではなく、スタッフと話し合って次にどうすれば良いかを考えるようにしたいですね。

④信頼を裏切らない

キャバクラの人間関係の中では、一番良く関わることがあるのが担当スタッフですよね。

いうなれば仕事の上でのパートナー、相談役なので信頼関係がなければ気持ちよく仕事はできないのです。

信頼とは、お互いにガッカリすることのない安心できる人間関係になります。

担当スタッフに黙って無断欠勤をしたり、信頼を裏切る行為はキャバクラに限らず人間関係を壊してしまいますよね。

お互いに気持ちよくやり取りするためには、こうした最低限のルールやマナーを守っていきたいものです。

キャバクラでの勤務を通して、このような社会人としてのマナーやルールを学ぶこともできるんですね。

お店の中で信頼されている女の子は、お客様からも信頼されてきっと人気のキャバ嬢になれると思います。

まとめ

キャバクラで働くスタッフは意外と優しかったりする、そしてそのスタッフとの良い関係の築き方についてお話をしてきました。

キャバクラのスタッフは担当制で、相談役として女の子が気持ちよく働く上でのサポートをしてくれます。

担当スタッフと信頼関係を築いていくことは、社会人としてのルールやマナーを守ることにも繋がるんですね。

普段見た目が怖そうな黒服のスタッフですが、実際どのくらい優しいのかはぜひ体入ドットコムでお店探しをして確かめてみてください。

体入ドットコムは厳しい審査をクリアした優良店のみ掲載しているので、初心者でも安心して働ける環境を提供してくれます。

求人掲載数No.1体入ドットコムを利用して、スタッフと協力しながら人気嬢を目指しましょう!