夜の世界には嘘はつきもの?!嘘を使い分けて「プロのキャバ嬢」になろう!

キャバ嬢は夜の世界の花。男性を楽しませて、笑顔にさせるお仕事です。そんな中で、彼女たちは「嘘」をついています。

たとえば、

  • お客様に楽しんでいただくための嘘
  • お店に貢献するための嘘
  • 自分のプライバシーを守るための嘘

などなど……。

嘘をつくというと、どうしても罪悪感のようなものを持ってしまいますが、キャバ嬢が付いている嘘というのは「プロ」としての嘘なんです。仕事柄、すべてを正直に言えばいい、ということではないんですね。

そこで今回は、キャバ嬢は「だれに」「どんな」嘘をついているのか、そして、「それがどうして必要なのか」について解説していきます。

キャバ嬢のウソその1 「彼氏はいません!」

この嘘は、もう「キャバ嬢の常識」と言っても過言ではない嘘ですね。

  • 「え、でも私、彼氏いるし」
  • 「彼氏がいるって言ったほうが、変な人が寄ってこないんじゃ……」

そう思うかもしれませんが、残念ながらそれは隠しておいたほうがいいでしょう。

その大きな理由としては、キャバ嬢というのは「ファンをつけるお仕事」であるからです。

たしかに、キャバクラというのは、お客様と一緒に楽しく飲んだり話したりする場所です。それと同時に、キャバ嬢は「口説かれる」「男性を魅了する」のもお仕事のひとつ。

まるで芸能人みたいですよね。でも、キャバ嬢から芸能人になった人も実は多いんですよ!

程度は様々ではありますが、アナタが応援している芸能人が急に結婚したら「えっ?!」と思いませんか? もちろん祝福する!というコもいるでしょうが、男性は嫉妬深い生き物なのです……。入れあげていたキャバ嬢さんに彼氏がいた、なんてことが分かると……急に離れて行ってしまう可能性もあります。

それくらい、「ファンへの意識」というものが問われるんです。

だから、どんなに大好きな彼氏がいても、キャバ嬢は皆「いません」と嘘をつくんです。同居しているのであれば、架空のルームシェア相手も必要になりますね。親しい友達や姉妹などと暮らしていると答える女の子が多いです。

ですが、注意しないといけないのは、あなたとお客様は、あくまでも「お客様とキャバ嬢」以上の関係ではないということです。あまりに気を持たせるような態度をとりすぎると、本気になってしまうお客様も中にはいます。あまり期待させ過ぎないように気をつけましょうね。

キャバ嬢のウソその2 「出勤時間以外も、忙しいんです!」

  • 「なんでこんな嘘を?」
  • 「キャバに行ってないときはヒマしてるけど……」

実は、これもプロとしてはしっかり嘘をついたほうがいいポイントなんですよ!

キャバ嬢であるあなたが、お店に出勤していない日の夜や、日中は「予定がある」「仕事がある」という体にしていた方が良いのは、お客様が「いかにお店に行かずにキャバ嬢で会うか」を考えているからです。

お客様の中には、嘘その1で書いたように、「あなたをキャバ嬢ではなく女性として見ている」人もいます。そんなお客様は、同伴をするのを嫌がる方が非常に多いのです。だから、「出勤してない日は何してるの?」という問いかけには、お昼は別の仕事をしている、学校に行っている、習い事やレッスンをしていて忙しい…など、本当は何もなくても、忙しくみせる必要があるのです。

出勤しない日に誘われたら、「ご一緒したいんですけど、忙しくって……」と申し訳なさそうに断ります。出勤時間以外の時間は会えないと分かれば、同伴や来店につながりやすくなりますから、あなたにとってはいいことづくめ。逆に一度会ってしまうと、そこからずるずる、なんて可能性が高いので、あまりに断り切れないときは、同僚のキャバ嬢さんに頼んで「この子、明日あたしと遊ぶんですよ~!」というように、角がたたない断り方をしましょう。

キャバ嬢のウソその3 本名を聞かれたら、偽名を答える?!

キャバ嬢というのは、大概は源氏名でお仕事をします。ですが! あなたを好きでいてくれるお客様や、遊び慣れていないお客様ほど、本名を聞いてくる事は、実は非常に多いんです。

そんな時、無理に断ると場の空気を悪くしてしまったり、嫌われてしまう可能性も高いので、本名を教える女の子もいます。しかし、「本名」というのは、このSNS時代のご時世、身バレやトラブルの元。あなたが本名でSNSをしていなかったとしても、友達の投稿からばれてしまうなんて可能性だって捨てきれません。

言いたくない自宅の最寄り駅や、一人暮らしである事もばれてしまうかもしれません。もちろん、お客様はそういう方ばかりではありませんが、自分のプライバシーは自分で守りましょう。

だから、本名を答えるふりをして、さらに偽名を名乗っている子が多いんです。もちろん、他のキャバ嬢の情報をお客様に聞かれた時は、仮にあなたが知っていたとしても、答えないのがベストですね。

ストーカー被害やSNSトラブルなどに繋がるリスクもあるので、これは必要な嘘ですよね。

偽名を教えることのメリットはもう一つあります。それは、「最高の特別感」を相手に味合わせることができる、ということ。

身バレ防止にもなって、特別感も与えられる「名前のウソ」。ただ、注意が1点。偽名を名乗った場合は、「どんな名前にしたか」をちゃんと覚えておきましょう。同一店舗で名乗る偽名は1種類にするのが賢明です。

さいごに

いかがでしたか? 嘘をつくって、意外とストレスですよね。

ですが、女性として自分を守るためのウソや、お仕事をスムーズにするためのウソは必要なものです。それは、キャバクラ問わず、どんなお仕事にもあることなんですよ。

もちろん基本的には、お客様だってキャバクラを楽しみに来ているのですから、「あなたによく見られたい」と思っておっしゃることが、すべて本当の事でないことは大いにあり得るでしょう。

だからこそ、トラブルは未然に防ぐためにも、必要な嘘は上手につくのが「楽しくお仕事をする」コツ!

「でも不安……」なんてコは、体入ドットコムがおすすめ!

体入ドットコムは厳しい審査をクリアした優良店のみ掲載だから、変なお店は掲載されていません。これなら、安心してお店を探すことができますよね!

【キャバ未経験の女の子は、ココからスタートで間違いないです!求人掲載数No.1体入ドットコム 】

ぜひ体入ドットコムを利用して、売れるキャバ嬢になってくださいね!