確定申告、そのままでいいの?!水商売をやっている女のコが損をしないために知っておくべき知識とは

「確定申告」と聞くと、「なんだかよく分からないけど難しそう」「いつもやってないしいいや~」と、なんとなーくやる気が出ない、という女のコも多いのでは?

でも、ちょっと待った! 実は、確定申告をしていないコは、税金の面で、損をしているかもしれないんです!

そこで今回は、水商売はどんな場合に確定申告が必要になるのか、なぜ水商売は確定申告をした方が良いのかについて見ていこうと思います!

確定申告ってどんなときにしなくちゃいけないの?

確定申告とは、国税庁のHPによると、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続、とのこと。

そう言われても、なんだか難しく思えませんか? わかりにくい説明だから、なんとなーくやりにくかったり、足が遠のいてしまったりするんですよね。

では、「確定申告についての説明」を、わかりやすく簡単にしてみましょう!

つまるところ、確定申告前には、この1年間にアナタが払わなければならない税金はいくらなのかが、まだ決まっていないということなんです。

その金額を、正式に確定させる為に、お給料や経費などを税務署に申告し、税金を支払うか、はたまた返してもらうかを決める手続きのことを、確定申告と呼ぶんです!

そう考えると、なんだかやってみようという気になってきませんか(*’ω’*)?

水商売も確定申告しないといけないってホント?

確定申告、というと、あまり個人でやるイメージがないと思いませんか? そのイメージがある理由は、大体の人は、個人ではやらず、会社がやってくれているから。だから、「え、自分で確定申告ってできるの?!」と、びっくりしてしまうわけですね。

たしかに、確定申告というのは、すべての人がやる、ということではありません。

では、水商売をしているコは、いったい確定申告は「やった方がいい」のか、「やらなくていい」のか、どっちなのでしょうか。

まず、水商売が専業で、お店との間に雇用契約があり、あなた自身がお金を「お給料」としてもらっている場合は、年の途中で退職してしまっていたり、年間2000万円を超える売れっ子でない限りは、基本的には確定申告は必要ありません!

つまり、1つのお店で水商売だけをやっているキャバ嬢さんたちは、確定申告はお店がやってくれるということ。心配しなくてOKなんです!

 

ですが、ここからが重要。

フリーランスで水商売を行っているキャバ嬢さん(全体を通して、年間にもらうお給料が38万円を超える場合)や、水商売が副業で他に仕事をしているコで、かつ水商売で年間20万円を超える収入がある場合は、確定申告をしないとダメなんです。

この場合でもお店からお給料はもらっているのに、どうしてなのでしょうか。それは、いくつかのところでお給料をもらっているから。

一つのお店だけなら、そこで申告してしまえば済みますよね。でも、何社かに所属していると、あなたの申告がかぶってしまう可能性があります。そうなると困るので、一括で「どこでもやらない」という決まりになっているんです。

だからこそ、複数のお店からお金をもらっている場合は、あなた自身で確定申告をしないといけないんです(;´・ω・)

 

水商売が「経費」にできるのって、どんなお金?

経費、って聞いたことありませんか? お給料は働いてもらうお金、経費は働いて出ていくお金です。少しの金額でも、積み重なると膨大になってしまいますよね…。

でも、大丈夫! 経費は、確定申告のときに申請すれば、いくらか戻ってくるんです♪

じゃあ、水商売の場合は、どんなお金が経費になるんでしょうか。

それはずばり、「お店で、あなたが接客をするとき、必要な出費」のこと

そう考えれば、経費だって、簡単に思えますよね。

実は、普段から使っているドレスなどの衣装代や、お店に出るときにしてもらうヘアメイク代も、経費にできちゃう、ってことなんです! また、お店に出勤するときや、もしくはお店から家に帰るタクシー代も、経費になるんですよ!

 

経費として計上できれば、その分帰ってくるお金も多い! それなら、申告しなきゃソンですよね☆

 

水商売が確定申告をした方が良いのはどうして?

  • 「そうは言ってもめんどくさい!」
  • 「わたし、お金のこととかよくわかんないから……」

そんな風に思って、しなきゃいけないのはわかっていても結局やらないでいるコ、多いと思います。

ですが、確定申告は、面倒なだけじゃありません! すれば「いいこと」もあるし、しないと困ることもあるんです!

これを知っておくだけで、確定申告の必要性がわかるかも?!

 

なんと、お金が返ってくる!払いすぎた税金が戻ってくるかも

お店から給料をもらうとき、紙やデータで、給与明細をもらいますよね。それをよく見てみると「源泉徴収」という項目で、いくらかお給料から引かれているの、見たことありませんか?

源泉徴収とは、税金の一つ。この源泉徴収というのは、本来国へ納めるべきお金よりも、多めに引かれていることがあるって知ってましたか?

源泉所得税というのは、金額の査定が「前の年のお給料」できまります。前の年に水商売で稼いでいても、今年はそうでもない…というコは、もしかしたら払いすぎてしまっているのかも!

そんな時は、確定申告を行うことによって、「還付」という形で払いすぎた分を返してもらうことができるんです!

帰ってくるお金を受け取らないなんて、もったいないと思いませんか(*´ω`*)?

申告しないでいると、いつか罰を受ける可能性も……

「めんどくさいからいっか~」という軽い気持ちで確定申告をしないでいると、「無申告」という扱いになってしまいます。

無申告状態が続くと、加算税や、延滞税といった、追加でお金を払わなきゃいけない罰が課せられてしまうんです💦

「申告しないだけなのに、罰なんて厳しすぎない?!」

そう思う気持ちも、よーく分かります!

でも、納税というのは、日本国民の義務。めんどうでも、しておいて損も間違いもありません!

おわりに

確定申告は、

  • 面倒だし水商売ならやらなくていいでしょ?
  • 税金を払わなきゃいけないから損しそう

というイメージを持っている女のコもいるかもしれません。

でも、それは大間違い! 水商売だって、しっかり確定申告をすることで無駄な出費を減らすことができるんです♪

今はネットでも簡単に申告ができる時代。難しい、面倒だと思わず、ぜひやってみてくださいね!