新人キャバ嬢が指名を取るために押さえておきたいポイント

キャバ嬢は高給取りというイメージがあると思いますが、決してそんなことはありません!!
確かに、ファストフードやコンビニのアルバイトよりも3~4倍は時給が高いのは間違いありません。

しかし、どうせキャバクラで働くのなら高いお給料をもらいたいですよね。
そのためには、指名のお客様をお店に呼んでお店に貢献することが必要不可欠になります。
指名を取れば給料が高くなるって言うけど、指名してもらうって難しくないの?と不安に思う人も多いかと思います。
でも、安心してください!!
今回は、お客様に指名されるコツや工夫をお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください!!

キャラ設定は大事!?お客様ウケするキャラ設定を!

キャバクラで働いているときって素の自分でいいのか、それともキャラを作った方がいいのか…悩みますよね。
普段の自分で接客できれば楽ですが、男性って夢見がちな人が多いんです!!
ですので、人気なキャバ嬢になりたい場合は、男受けするキャラ設定で働いた方がいいです。

実際に私もキャバ嬢として接客しているときは、“ぶりっ子キャラ”“宴会要因キャラ”を使い分けていました。
私自身の経験も踏まえて、まずは、ちょっとしたキャラ作りのポイントも教えちゃいます!!

その1 ぶりっ子キャラ

王道ですが、基本は上目遣いで仕草も可愛く!
さらに話し方もゆっくりとどこか舌足らずな女の子らしい子は、人気がでます。
男性ってやっぱり甘えられると弱いんです!
フリーアナウンサーの小林麻耶さんや田中みな実さんのようなイメージです。

お客さんの隣で、「すごーい!!!」と連発しておきましょう。
だいたいの男性はデレデレしてくれますよ。
この手のキャラは「カシオレ飲みたいな~」とか「まだここの席いたいな~」なんて悪気もなく言えちゃったりします。
なので、すごくおすすめです。

その2 宴会要員キャラ

いわゆる盛り上げ要員です!
とにかく「ぐいぐい~!!」とお酒を飲ませて盛り上げます。
この手のキャラ、年齢問わず団体さんウケがすごくいいです!
とにかく盛り上げる!みたいな感じでグイグイ飲ませ、飲みまくりましょう!!!

そして気に入ってもらえたらラッキーです!
お客様がお仕事の接待の時に来てくれるようになります。
また、学生時代の友達と久々に集まったからとか会社の飲み会の二次会でなど団体で盛り上がりたいときに、来店してくれたりするのです。

最初の5分が勝負!!

よく人の印象というのは、最初の5分で決まると言われますよね。
それはキャバ嬢とお客様にも言えることなのです。
特に、キャバ嬢というお仕事は、お客様から好かれなければいけませんよね。
なので、多くの人に第一印象の好感度を上げる必要があるわけなのです。

昔同じ店で働いていたナンバー上位の先輩キャバ嬢がやっていたのは、いつも笑顔!
さらに、席に着くと「さっき遠くから見て、この席に着きたいな~って思ってたんだ~」なんて言いながら、ニコっと微笑んでいました。
この先輩、ほとんどの席で同じセルフを言っていましたが、男性は私たちが思う以上に単純なのです!
大体の人が喜んで場内指名を入れたり、後日指名で来店されたりしていましたよ!

指名交渉は気軽に!

新人のキャバ嬢の悩みで多いのが、なかなか上手に場内指名の交渉ができないということだと思います。
むしろ、指名交渉すらできないという人もいるかと思います。

私自身も新人の頃はそうでした。
断られたら…と思うとなかなか「ここにいてもいい?」言い出せずにいました。
でも、指名交渉をする時は気軽にして大丈夫です。

というのも、指名交渉して場内指名が貰える割合は、5割以下だと思います。
なので、なかなか場内指名に繋がらなくても、言うだけ言ってみましょう!!

特に逃してはいけないのは“枝”のお客様!?

“枝”というのは、同じキャバクラで指名しているキャストがいるお客さんのお連れ様のことです。
他のキャストの指名客の枝を掴むというのは、完全なフリーで来店したお客様から場内指名をもらうよりもハードルが下がりますので、チャンスを逃さないようにしましょう!!

既に同じお店に指名キャストがいるので、新規で連れてきたお客様が自分のことを気にいってくれれば、次回、そのお客様と一緒に“枝”のお連れ様が自分指名で来てくれる可能性が高いのです。
また、自分と仲の良いキャストのお客様の“枝”だった場合、仲の良いキャストやそのお客様が、自分をおすすめしてくれることもあります。
キャスト同士が仲良くない子同士よりも仲の良い子同士の方が、自然と盛り上がるので楽しめるというのが理由です。

あとは、キャストとは、そこまで仲が良くはなかったとしても、ヘルプで付いたときなどにお客様自身と仲良くなっていれば、“枝”のお客様に自分をおすすめしてくれることも十分にあります。
以上の理由から、“枝”のお客様は、指名に繋がりやすいお客様だと考え、自分を気にいってもらえるように特に力を注いで接客するようにしましょう!!

大事なのは“お客様ノート”を作ること!?

人気キャバ嬢や有名キャバ嬢が実践していると言われているのは、“お客様ノート”を作ることです。
“お客様ノート”というのは、お客様の名前や年齢、住んでいる場所、外見の特徴やその日にお話しした会話の内容などを書いておくノートのことです。
誕生日もメモしておくと、誕生日当日に“おめでとうLINE”が送れるのですごく便利ですよ。

ただ、この話を聞いた女の子の中には、スマートフォンにメモではいけないのかな?と疑問に思う方もいるかと思います。
結論を言うと、それは辞めた方が絶対にいいです!!
私の実体験なのですが、お酒に酔っ払って、スマートフォンをトイレで落としてしまったことがあります。
結果、水没してしまいデーターがすべて消えてしまいました。

でも私は、“お客様ノート”を作成していましたので、すべてのお客様の連絡先を失わずに済みました。
バックアップの意味も込めて、ノートに記入していくことをおすすめします!!

連絡は“マメ”に!たまには電話も!?

基本的には、人気のあるキャバ嬢はびっくりするほど“マメ”です!
1日に300人に連絡を送っていると言っていた先輩キャバ嬢もいます。
もちろん、その先輩はいつもナンバー上位でしたよ。

LINEで送る内容はたわいもないものでOKです。
例えば、「おはようございます!!これから○○へ買い物に行ってくるよ!!楽しんできま~す!!」などと一方的に終わらせるLINEでもいいですし、「そろそろ○○くんに会いたいな~!」なんて甘える系でもいいです。
世間話でいいんです!

そして、大切なのが、返事が来ないからといって、すぐにLINEを送ったりするのを諦めてしまう女の子も多いです。
しかし、考えてみてください。
一度でもキャバクラに飲みに来ているということは、またキャバクラに行く可能性はあるということです!

“マメ”にLINEを送っていると“来店予定じゃなかったお客様”が突然来店してくれたりすることもあるんです。
下手すると、こちら側がお客様の顔を忘れてしまっているくらい長い間会っていないお客様が、ふらりと来店してくれることも…

最初はキャバクラに行くつもりはなかったけど、飲み会が盛り上がり、二次会や三次会で、キャバクラへ行くなんてことも珍しいことではありません。
その時、お客様がどこのキャバクラへ行こうかなと思ったときに、いつも連絡くれる子いたな~!なんて思い出して来店してくれることもあります。
また、たまにはLINEのやり取りだけではなく、電話もかけてみましょう!!
忘れられないことが大切なのです!!

まとめ

キャバクラで指名をもらうというのは、口で言うほど簡単ではありません。
努力しないと指名は取れませんし、努力してせっかくつかみ取った指名のお客様が長く指名してくれるとも限りません。
しかし、ちょっとした“コツ”や“マメさ”を兼ねそろえれば、誰でも指名が取れるようになります!
参考にしてみてください。

今回は、キャバ嬢が指名を取る方法について解説させていただきました!!
「私もキャバクラでたくさんの指名が取れるようになりたい!!」そう思ったあなたは、キャバクラが天職です!!
ぜひ、今すぐに体入ドットコムで検索してみてください!!

厳しい審査をクリアした優良店のみ掲載だから業界が初めてって人でも安心ですよ!求人掲載数No.1体入ドットコムからの業界入りがオススメです!

体入ドットコムでしたら、即日面接可能なお店の掲載もされていますので、気分が変わりやすい女の子にもおすすめです。
ぜひ、体入ドットコムで、素敵なキャバ嬢目指しましょう!!