新人キャバ嬢が、アフターで気を付けるべきポイント【木村進太郎監修】

アフターとは、文字通り、お店が終わってからお客さんと店外デートをすることです。
アフターは同伴と違い、お店にとっては何もメリットはありません。
ですからアフターではポイントもキャッシュバックもつきません。
しかし、大切にしているお客さんと長く付き合っていくにはアフターはどうしても必要になっていくものです。

1.お客さんにとってのアフター

同伴は決められた時間までにお店に入らなければなりませんが、アフターはそのような制約は一切ありません。
お客さんにとってアフターとは、時間を気にせずデートできるということです。

お客さんがアフターで期待することは

  • 口説ける
  • ゆっくりお酒を飲みながら話ができる
  • 映画やボーリング、カラオケなど時間を気にせず遊べる

ということです。②③を期待してアフターを誘ってくれるお客さんは大変良いお客さんです。
キャバクラで遊びなれているお客さんか、あなたとの付き合いが長くなり、あなたのファンになっているお客さんです。
しかし、ほとんどのお客さんは①の「口説き」が目的でアフターに誘っていると思った方がよいでしょう。

アフターにはお客さんにとって口説く条件が揃いすぎているのです。

  • アルコールが入り、キャストを酔わすことができる
  • 仕事は終わっているのでキャストも気が緩んでいる
  • 時間に制約がない
  • 周りに知っている人がいないので他人の目を気にする必要がない
  • 夜中の飲み屋という独特の雰囲気を利用できる

といった具合です。

ですから、口説き目的でキャバクラに通っているお客さんにとっては、アフターに付き合ってくれないキャストは指名の対象外となって、指名をはずされてしまう可能性があるのです。

 2.キャストにとってのアフター

お客さんのほとんどが口説き目的でアフターを誘っているのに、わざわざ危険を冒して口説かれに行かなければならないのか?と考えがちですが、口説き目的のお客さんにアフターを断り続けるとお客さんは見切りをつけて指名替えをしてしまう可能性が高いわけです。

お客さんの目的が「この女の子は口説けなくても良い。長い付き合いをしていきたい」と変わるようにもっていくためには時間をかけてお客さんとのつながりを付けていくしかありません。
その時間をかせぐために、しばらくは「口説けそうで口説けない、落ちそうで落ちない」という関係を続けていくわけです。
アフターもその一環と割り切らなければなりません。

また、本当に良い関係を作っていくにはお店の中での限られた時間だけでは無理があります。
逆にゆっくり時間をかけて話の出来るアフターは良い関係を作っていくチャンスなのです。
お客さんの口説きを上手くかわしながら、良い関係を作っていくのがプロのキャストです。

口説き目的でなく、あなたに癒されたくてお店に通っているお客さんにおいても、指名が重なって、なかなかお店では話が出来ない日が続いているときなどはアフターでその分カバーしてあげるようにしていきます。
そうしなければ「1セットで5分か10分しか席に着かないのでは癒されないから」と言って指名替えをされてしまう可能性もあるからです。

 3.アフターの注意点

アフターは口説き目的で誘ってくるお客さんが多いので、同伴以上に注意するべきです。主に注意することは次のようなことです。

  • お客さんの車には乗らない

アフターは同伴以上に危険です。
お客さんの車に乗ったらホテルの駐車場に車を止められて、大喧嘩してそのお客さんと切れてしまった話はよく聞きます。
車に乗らなければそういうトラブルを回避できます。

  • 酔うほど飲まない

多少のお酒は仕方ないとしても、酔うまで飲んではいけません。それこそ相手の思うツボです。
また、口説き目的でないお客さんでも、無警戒に酔われると、男である以上口説きたくなるものです。

  • 時間を切る

アフターは時間無制限です。無制限だから色々なトラブルの原因になるわけです。
自分の中で時間を決めておく必要があります。1時間半くらいがベストです。長くても2時間といったところです。
最初から「今日は急に用事が出来たので、○○時には友達のところに行かなければいけないの」と言っておくわけです。
出来れば友人か同僚のキャスト、もしくは店長やスタッフに頼んでその時間に電話を入れてもらうようにすればベストです。

お店によってはアフターをする際には必ず店長や担当スタッフに事前に報告し、1時間後か1時間半後に電話を入れてもらうようにシステム化されているところもあります。
電話があった際にやばい雰囲気ならば「ゴメン、急に店長に呼び出されたからお店に帰らなければいけない」と言えばアフターを切り上げることができるわけです。

システム化されてないお店でも、店長、もしくは担当スタッフに頼んで電話を入れてもらうのも手です。

  • アフター用のお店をいくつか用意しておく

アフターは同伴とちがい、キャストがお願いしていくものではありません。
ですから、アフターでは同伴ほどお客さんの財布を気づかう必要はありません。

しかし、あまり高価な店をねだると、「これだけのお金をかけるのだから」とお客さんは見返りを期待してしまいます。

リーズナブルで、尚且つムードのある店を自分なりに探しておきましょう。
また、お店の選択をお客さんまかせにしてしまうと、カップル用の個室の店だったりして、口説きをかわしづらいケースもあります。

 4.アフターでお客さんとの良い関係を作ろう

お客さんと長く、良い付き合いをしていくには「色恋」ではなく、「癒し」であり、色々な意味での「信頼」が必要です。
アフターはその関係を作っていくには格好の場所です。そのためには次のような会話が効果的です。

  • 自分の身の上話をする(多少の作り話もばれない程度で可)
  • 自分の将来の夢や目標を語る(夢ですから、空想や仮の話でもかまいません)
  • 今の仕事(今のお店での)の目標や意気込みを話す
  • 相手の身の上話を聞いてあげる
  • 相手の夢や目標を聞いてあげる

こういう会話を通じてお互いの人となりがわかってきて、良い関係が作れるケースが多いものです。
また、こういう会話をされると男としては、自分のことを信頼してくれていると実感しますので、軽い気持ちで口説けなくなってくるものです。

まとめ

プロのキャバ嬢である以上アフターを怖がってはいけません。
アフターを通じて本当のお客さん作りをしていきましょう。

このあともまだまだ続くキャバ嬢雑学をCHECKして
指名をたくさんもらえるキャバ嬢を目指しましょう♡

次回は「お客さんの育て方」についてです♡
お楽しみに~!

気になるお店やお店の女の子をCHECKしたい方はコチラ♪
キャバクラ情報サイトLuLINE -ルライン-

ナイトワークに興味がある女の子はコチラ♪
キャバクラ、クラブ、ガールズバー、スナック、ラウンジetc…
ナイトワーク体験入店専門サイト 体入ドットコム

監修者:木村進太郎

サービス業を中心とした経営コンサルタント。「新版 キャバクラの教科書Gold ナンバーワンになるための44の上級テクニック」や「新版 キャバクラの教科書Silver お客さんのココロをつかむ33の実践テクニック」など、一流を目指すキャバクラキャストのためのマニュアルを多数執筆。