【木村進太郎監修】キャバクラの基本的なお仕事内容って?Part1

前回のキャバ嬢雑学「ナイトワーク界の業種の違いを徹底解説!
の記事はCHECKしてもらえたでしょうか??
今回はキャバクラのお仕事って、どんなことをするのだろう?
という疑問にじゃんじゃん答えていきたいと思います♪

キャバクラのお仕事ってどんな事をするの?

初めてキャバクラのお仕事に興味をもった人はそう思うでしょう。
それはずばり!キャバクラに行ったことがないから!

基本的にキャバクラは男性が行くお店なので、
女性がお客様として行くことはほとんど無いですよね。
なので実際にキャバクラで働く女性がどのように働いて、
お客様である男性はどのように楽しんでいるのかがわからないのは当然!

ここでは、基本的なキャバクラのお仕事について説明していきます♪
キャバクラに行った経験がなくとも、「こんなお仕事かな?」と思って頂ければOK♪
すでにキャバクラのお仕事を何度か経験したことのある人は、再CHECKしていきましょう!

キャバクラはお酒を飲むところ?

まず、キャバクラは時間制。
お店によって1セットが50分、60分、90分、といった形で時間が設定されていて、
1セットごとにお金が発生する仕組みになっています♪

例えば「1セット60分、1セットの料金が1万円」と設定しているお店であれば、
お客さんが2セットいれば2時間で2万円の料金を支払うというシステム。
お客さんは基本的にそのセット料金でハウスボトル(お店が用意しているお酒)を飲み放題で飲むことができるんです。
お酒は、ブランデー、ウィスキー、焼酎の3種類をそろえているところが多く、
そのほかのお酒、ソフトドリンクは有料としているお店が多いです。

さて、話は戻って、2時間いて飲み放題2万円という金額。
これは高いのか?安いのか?どうでしょう?

本当にお酒が飲みたいという人は、
おそらくキャバクラではなく、他の居酒屋やバーに行くでしょう。
ましてや、キャバクラでお酒は飲まず、ウーロン茶だけで2時間いるお客さんもいます。
では、キャバクラに来るお客さんがキャバクラにくる目的は何なのでしょう?
それはキャバクラの女の子とお話しをするためなのです♪

指名とフリーとヘルプ

指名とフリーにお気に入りの女の子がいる場合、
その女の子を優先的につけてもらうためには指名しないとつけてもらえません。
(この場合セット料金以外に指名料が追加されます)
指名の女の子がいない場合は、指名なしなのでフリーという事になります。

これからキャバクラの仕事を始めようと考えているあなたは、
当然指名をしてもらえるお客さんはまだいませんので、フリーのお客さんの相手をすることからスタート★
フリーのお客さんには1セットでだいたい3人くらいの女の子がつきます。
お客さんはその中から気に入った女の子がいてその場で指名(場内指名といいます)すれば、
その後は指名した女の子が相手をしてくれることになります。

さて、店でもナンバーワンと呼ばれる人気の女の子になると、
1日で指名してくれるお客さんが5人、8人など、大勢やってきます。
都合よく一人のお客さんが帰ったあとに次のお客さんが来てくれたらよいのですが、
来店時間が被ってしまうケースが多々ある事も。

お店は「今〇〇ちゃんは他のお客さんについていますので」と後から来たお客さんを断ることはしません。
席が空いている限り来店したお客さんはすべて「いらっしゃいませ」の一言で迎えるのです。
さて、そうすると、同じ時間帯に2人、3人と指名のお客さんが被ってしまう女の子がでてきます。
Aさんの席についている間はBさんの席にはつけませんので、
その間Bさんの席には指名キャスト以外の女の子をつけて接客してもらいます。
これをヘルプといいます。

ヘルプでついた女の子は「〇〇ちゃんのお客さん」という前提で接客する事が大事ですよ♪

このように、キャバクラ嬢の接客には、
自分の指名のお客さん、フリーのお客さん、ヘルプのお客さんの3通りあります。

「はじめまして」から始めよう

フリーであれ、ヘルプであれ、初めてつくお客さんには「はじめまして」の挨拶から♡
お客さんは初めての女の子が席につくとき、この子はどんな女の子だろう?と色々考えているものです。
なので第一声の「はじめまして」の言葉であなたの印象は変わってきます♪

ナンバーワンを支える太いお客さんも、
ナンバーワンの女の子と初めて会ったときは「はじめまして」からスタートしています。
この「はじめまして」は運命の出会いかもしれません。
できるだけ明るく挨拶するようにしましょう♡

席の着き方、名刺の渡し方

「はじめまして〇〇です。よろしくお願いします」と言った後には、お客さんの隣に座りますよね。
座るのはお客さんの右側?左側?悩むかもしれませんが
最初のうちはあまり考えず、座りやすいほうでOK!

少し慣れてきたら色々考えて座ってみましょう。
まず、お酒をつくるのも女の子の仕事ですからテーブルの上に乗っているお酒のセットの位置を見て、
お酒を作りやすい方に座るのがオススメ♪
もっと言えば、自分で鏡を見て、右側から見た方がかわいく見えるのか、左から見た方がかわいく見えるのかを研究し、かわいく見える方をお客さんに向けるように座るのもGOOD♪

横に座ったら、改めて「〇〇です。よろしくお願いします」と名刺を渡します。
お客さんはたくさんの女の子と話をしますので、女の子の名前を覚えるのも大変です。
最初に聞いただけではすぐに忘れてしまいます。
名刺を渡せば、基本的にはあなたが席についている間は名刺をテーブルの上に置いといてくれますから、
「あれ、名前なんだっけ?」と思ったときは名刺を見て名前を確認してくれます。
ベテランの女の子はお客さんに印象を残すために別れ際に渡すという人もいますが、
最初のうちは「はじめまして、私はこういう者です」と渡すのが礼儀です♪

名刺をタイミングよく渡すのも大事なポイント!
ポーチの中からすぐに名刺入れを取り出せるようにしておくのもいいですし
あらかじめ1枚取り出して、手に持って座っても問題なし!

名刺は両手で持って、相手が見てすぐ読めるように相手側に向けて渡します。
渡すときは相手の顔を見て渡すと好印象ですよ~♡

続きはキャバクラの基本的なお仕事内容って?Part2にて紹介♪

★お酒のつくり方、たばこの火のつけ方
★会話の進め方
★お客さんがトイレに立ったら
★チェンジになったら
★お見送り

についての疑問に答えていきます♪
お楽しみに!

キャバクラの基本的なお仕事内容って?Part2はコチラから♪

気になるお店やお店の女の子をCHECKしたい方はコチラ♪
キャバクラ情報サイトLuLINE -ルライン-

ナイトワークに興味がある女の子はコチラ♪
キャバクラ、クラブ、ガールズバー、スナック、ラウンジetc…
ナイトワーク体験入店専門サイト 体入ドットコム

監修者:木村進太郎

サービス業を中心とした経営コンサルタント。「新版 キャバクラの教科書Gold ナンバーワンになるための44の上級テクニック」や「新版 キャバクラの教科書Silver お客さんのココロをつかむ33の実践テクニック」など、一流を目指すキャバクラキャストのためのマニュアルを多数執筆。