キャバ嬢が誤解されていること4つ

shutterstock_237821326

突然ですが、あなたはキャバ嬢を誤解していませんか?
真実と異なる理解を、誤解と呼びます。あなたはキャバ嬢にどういうイメージを持っているでしょうか?
もしかすると、それは誤解かも知れませんよ。あなたが先入観に捉われているだけ、ということもあり得ます。
ここでは、そのキャバ嬢が誤解されていることを4つ紹介しましょう。
あなたのキャバ嬢に対するイメージも変わってしまうかも知れませんね!

1.バカ

shutterstock_211856671

キャバ嬢は総じてバカだと思っている男性は、残念ながら少なからず存在しているようです。
しかし、本当にそうでしょうか?
キャバ嬢は次々にやってくるお客さんの顔と名前を一致させる必要があり、記憶力が試される仕事です。
あなたの仕事のほうが、よっぽどボーッとしていてもできる仕事なんじゃないですか?(笑)
また、キャバ嬢たちは営業時間外でもLINEによる営業活動も行います。
そう。これは、れっきとした「頭を使う」ビジネスなのです。

2.チャラい

shutterstock_161644457

いくら男性客との接点が多いからと言って、それがチャラいことには直結しませんよね。
キャバ嬢たちは、一般に思われているよりもいたって普通の女の子たちです。
なので、チャラさも普通レベルです。
話は反れますが、最近では「清楚系ビッチ」という言葉があるようですね。
地味に見えてビッチな女性を「清楚系ビッチ」と呼ぶようですが、
「清楚系ビッチ」のほうが計算し尽くされている分、キャバ嬢よりもはるかにチャラかったりするようですよ!

3.金遣いが荒い

shutterstock_161008787

たしかにナイトワークでは一気に大金を稼ぐことができます。
キャバ嬢たちがそのお金を、何も考えずに湯水のように使っているかと言えば、必ずしもそうとは限りません。
中には、田舎の家族に仕送りをしているような健気なキャバ嬢もいます。
金遣いが荒いどころか、お金をセーブしていますよね。

4.メンヘラ

shutterstock_174741554

精神的に病みやすい人のことをメンヘラと呼びます。
なぜかは不明ですが、キャバ嬢がメンヘラだと思っている人も多いようですね。
ところが、実際のところは、メンヘラはどのような集団にも一定数いるものなので、特別キャバ嬢がメンヘラばかりとは限らないのです。
一般の仕事のほうがよっぽどメンタルがやられている人が多いような印象ですが、あなたの職場ではいかがでしょうか?

 

いかがでしたか?あなたのイメージも変わってしまったかも知れませんね!