朝キャバとは?昼キャバとは?仕事内容や客層などを徹底分析!

ナイトトピック

キャバクラといえば、夜にお酒を提供するお店を思い浮かべる人が多いはず。夕方や夜間に開店している一般的なキャバクラとは異なり、朝キャバや昼キャバは朝やお昼頃に開店しています。今回は、朝キャバや昼キャバとはどのようなお店なのか、仕事内容や客層などを徹底分析していきます。

朝キャバや昼キャバとは?

朝キャバや昼キャバは、営業時間が夜ではないキャバクラのことです。

  • 朝キャバ:5~7時に開店、お昼過ぎ頃までの営業
  • 昼キャバ:お昼頃に開店して夕方までの営業

夜に事情があって働けなかったり、キャバクラで働いているのがバレたくなかったりする女の子が働いています。子供がいる女の子も少なくないので、子育ての相談や子供の成長を一緒に話し合えるのも昼キャバ・朝キャバならではと言えるでしょう。

給料は夜に比べて低めになりますが、ノルマを設定している朝キャバや昼キャバはあまりなく、夜に比べて落ち着いた雰囲気で働けるのが特徴です。

夜のキャバクラに比べるとお客様の入りは多くありません。また、客層も夜のキャバクラと少し異なります。一般のサラリーマンよりもホストクラブの従業員、夜キャバのボーイ、また飲食店の従業員など、夜のお店で働く人が遊びに来ることが多いのです。

朝キャバ・昼キャバの服装とメイクは?

朝キャバ・昼キャバは、夜キャバとは服装・メイクは異なるのでしょうか。ここでは、夜キャバの服装・メイクと、朝キャバ・昼キャバの服装とメイクを比較していきます。

夜キャバでの服装・夜キャバメイク

夜のキャバクラでは、イベント時やコスプレキャバクラ以外では、基本的にドレスが定番の服装です。ドレスはレンタルできるお店もありますが、自分で購入する場合もあります。しかし、衣装を購入するためのお金はお店から出ませんので、その点には注意が必要です。

夜のキャバクラは少し暗めのお店も多く、キャバ嬢はそのなかでハッキリとお客様へ顔を見せたいため、大粒のラメのアイシャドーを使ったり、まつげエクステで目全体をしっかり盛ったりなど、濃いめできらびやかなメイクを求められます。

朝キャバ・昼キャバの服装はキレイめワンピースが鉄板

朝キャバ・昼キャバは、ドレス着用、コスプレ着用などの衣装が決められているお店もありますが、大半は私服OKとされています。

ただし、夜キャバよりもカジュアル寄りとはいえ、ラフな服がコンセプトでない限り、トレーナーにジーパンなどはNGとされています。清潔感があるキレイめワンピースなどがおすすめ。ワンピースでも、オフショルダーやシースルー素材のワンピースならセクシーさをさりげなくアピールできますし、ブラウスにフレアスカートのツーピースや花柄ワンピースなら、より可愛らしさを出せます。

また、朝キャバや昼キャバで働く女の子は、服装に合わせて女の子らしいナチュラルメイクをしていることが多いです。髪形もコテコテの巻き髪より、緩めにウェーブさせたスタイルが多い傾向にあります。

お店の傾向もありますので、お店で働くキャバ嬢の服装を良く観察してから購入しましょう。

朝キャバ・昼キャバで働くメリット

ここまでは、朝キャバと昼キャバがどんなところなのかをチェックしてきました。実際に働いてみたいと思った方もいるのではないでしょうか。そこでここからは、朝キャバと昼キャバで働くメリットについて解説していきます。

昼夜逆転の生活にならず生活リズムが崩れない

キャバクラの仕事を副業にしている方も多いと思いますが、夜間に働く一般的なキャバクラでは、生活が昼夜逆転化しやすいのがデメリットと言えます。

リズムが逆転した生活によって、肌が荒れる原因になったり、女性ホルモンが乱れてしまったりと、美容と健康に良くない影響を及ぼします。

朝キャバや昼キャバの場合、営業時間がお昼なので、普通のパートと同じ感覚で仕事が出来ます。

周囲の人達にキャバクラで働いているのがバレにくい

キャバ嬢の仕事は昔に比べて浸透してきて、今や小学生のなりたい夢にキャバ嬢が選ばれた事もあるくらいです。しかし、まだまだ水商売に対して偏見も残っているのも事実。親や彼氏や友達、職場の同僚など、知り合いにバレたくないと思っている人も多いですよね。

朝キャバや昼キャバでは昼間に仕事をするので、キャバクラでバイトをすることがバレにくいのもメリットと言えるでしょう。パート感覚で働くことができるのに、他のパートに比べて時給が高いのも魅力です。

ノルマが緩い

朝キャバや昼キャバは夜キャバに比べてノルマが緩いのも特徴です。ガツガツと毎月ノルマに追われるのは大変ですし、初心者にとってはノルマに縛られない朝キャバ・昼キャバは働きやすいので、精神的に楽でしょう。

基本的に朝キャバや昼キャバの場合、そこまで大勢のお客様を相手に忙しく接客する訳ではなく、お酒を飲むというよりもソフトドリンクで落ち着くといったケースが多いです。

まとめ

昼キャバ・朝キャバがどんなところなのか理解できたのではないでしょうか。今まで夜キャバをしていたけど難しくなった方や、初めてキャバクラで働くという方は朝キャバや昼キャバからスタートしてみてもいいでしょう。

自分にとって、夜キャバクラがあっているのか、昼キャバクラがあっているのか、はたまた朝キャバクラがあっているのかをわからないという女の子は、体験入店をすることで働きやすくなります!

数多くあるキャバクラの中には、残念ながらぼったくりをしたり、給料の未払いをしたりと、悪質なお店もあります。悪質なキャバクラほど、求人情報に良いことを書いている場合もあり、見分けるのが難しいのが大変なところです。

悪質なキャバクラで働かないで済むためには、体験入店をすることが欠かせません。

「体入したいけど、どのお店がいいかわからない……」など、キャバクラのお店選びのご相談は体入ドットコム(体入ドットコム首都圏版にお任せください!

体入ドットコムなら、お店の様子もチェックしながらスムーズに体験入店できます。その間に、自分にあったキャバクラかどうか、時給なども含めてチェックできるはず。ぜひこちらも利用してくださいね!

関連記事一覧