【未成年キャバ嬢必見!】未成年はキャバクラで働ける?未成年キャバ嬢の真実とは

ナイトトピック

「キャバ嬢って何歳から働けるの?」

「未成年でも働かせてもらえるの?」

そんな疑問を持つ女の子は多いのではないでしょうか。高校生がキャバクラで働けない理由や未成年がキャバクラで働くコツ、未成年でもキャバ嬢になれるかどうかなどをたっぷり紹介します。また、未成年キャバ嬢のメリット・デメリットと、注意点を解説します。

※ この記事では飲酒ができない10代を未成年と定めています。

キャバクラで働ける年齢は何歳から?

キャバクラの求人情報を見ていると「18歳から応募可」という表記を見かけることがあるでしょう。未成年の大学生でも、学費やお小遣い稼ぎにキャバ嬢をしていることが多いのです。

伝説のキャバ嬢『エンリケさん』も、キャバクラで働き始めたのは18歳。引退イベント2日間で2億5000万の記録を出した『愛沢えみりさん』も、18歳でキャバ嬢デビューしているんですよ!

しかし、「18歳からOK」であっても、お酒が飲めるのは20歳からと法律で決まっています。未成年のうちはお酒を飲んではいけません。「飲もうよ」とお客様から勧められても、そこで飲酒してしまったら自分もお客様もお店も法律違反になってしまいます。

また、労働基準法第61条によって、18歳未満の年少者は22時~朝5時までの勤務は禁止されており、深夜バイトができません。つまり、18歳のキャバ嬢が働けるのは22時までということです。

これらの理由から、キャバクラの面接では必ず年齢を確認するための身分証の提出が必須です。身分証確認をしないで働かせてくれるお店は、危険なお店と考え、働くのを控えるのをおすすめします。

ちなみに、キャバクラだけでなく、スナック、クラブ、ラウンジ、ガールズバーと水商売と呼ばれる場所は同じく18歳以上から勤務が可能です。

高校生は18歳でもNG

ただし、高校生は18歳であってもNGです。夜間や通信制の高校に通っている方も同様です。

法的に禁止されているわけではありませんが、学校側が水商売のアルバイトは許可していないことが大半ですし、そもそも校則でアルバイトを禁止していることも多いです。

実際、ほとんどのキャバクラのお店が高校生の採用は行っていません。高校生を働かせるキャバクラはお店としても質のいい場所ではないのが現実。トラブルに巻き込まれる危険性が高くなります。安全に働けるお店ほど、法律を遵守して営業しています。

高校生の方は、卒業まで少し待ってくださいね。

未成年でキャバクラで働くメリット

次に、未成年でキャバクラで働くメリットを解説します。

 

  • メリット1:10代という若さに需要がある
  • メリット2:社会経験を積める

 

それぞれ詳しく解説していきます。

メリット1:10代という若さに需要がある

未成年でキャバクラで働くメリットとして最も大きいのは、若さを武器にできるということでしょう。キャバクラに遊びに来る男性の中には若い子が好きな人も多いので、10代というだけで需要が高まります。

お客様も、普段話す機会のない初々しいキャバ嬢とおしゃべりできるのは嬉しいもの。

それに加えて、男の人は、初めて・未経験という言葉に弱いものです。「18歳になったばかりで、この世界で働くの初めてなんです」と伝えれば、キャストとしての人気も出やすいでしょう。

男性に「いろんなことを教えてあげたい」と思わせることで、ファンが増え、効率よくお給料を稼ぐことができるんです。

メリット2:社会経験を積める

キャバクラのお客様は、サラリーマンの方をはじめ、会社の経営者やお店によっては芸能人やスポーツ選手など、普段の生活ではあまり接点のない世界に属する男性が来店することがあります。

そのため、自分の知らない世界の話を知れると同時に、自然とコミュ力・対応力を鍛えられるでしょう。また、若いうちから気遣いやトークのスキルなどを身につけられるのもメリットです。

さらに、一緒に働く女性もレベルの高い人が多いため、自分磨きもできるようになるでしょう。経験談を聴くことで話題も豊富になり、いろいろな知識を得ることもできるかもしれません。

実際に社会に出たとき、事務員であっても営業職であっても、年上の上司や多くのお客様と話すことがあるはずです。そんなとき、キャバクラでの接客で身に着けたスキルが大いに武器となることでしょう。さらに、男性を見る目も養えることも、メリットの一つと言ってもいいでしょう。

未成年がキャバクラで働くデメリット

未成年でキャバクラで働くデメリットは「お酒が飲めないこと」です。お酒が飲めないと、お客様がドリンクに使うお金が減る分、売上も減ってしまいます。そのため、稼ぎにくくなってしまうのです。

とはいえ、普通のバイトよりは時給も高いですし、お酒を飲まずに接客しているキャバ嬢はたくさんいます。フードであれば未成年でも制限はありませんから、お客様がお酒を飲んでいるときに、食べ物のおねだりをして売り上げを補うことは可能です。

それによって効率よく稼げると、他のアルバイトよりも大金を手にすることができるようになります。これはいいことなのですが、デメリットになることもあるのです。

キャバ嬢の仕事をする前の自分とお金の使い方・考え方が大きく変わってしまい、高級バッグやアクセサリーなどを購入してしまうこともあります。

未成年のうちから金銭感覚がずれてしまうと、友達同士の関係にひびが入ることもありますし、そもそも一度ズレた感覚を戻すのは大変なもの。キャバクラのバイトでお金を手にしても、自分を律して生活するのが大切です。

まとめ

未成年でもキャバクラで働けます。しかも高収入という以外にもキャバクラで働くメリットは色々あるのが分かったのではないでしょうか。基本的には夜の業界では「若さ」は武器になります! 未成年であることをお客様に公言して「飲まない」接客をしましょう。

未成年がキャバ嬢として活躍するならお店選びを慎重に行うべきです。 お店選びなら「体入ドットコム」(体入ドットコム首都圏版)がおすすめです。お店を決める際には、しっかりと店内の雰囲気を体入でよく見つつ、自分に合った良いお店選びをしてくださいね。

今しかない若さを生かして、キャバクラで活躍しましょう!

関連記事一覧