キャバクラ面接で不採用になる原因とは?原因と今後の対応策を紹介!

ナイトトピック

キャバクラの面接に行って不採用になったり、当日体験入店希望だったのに断られたり、後日また連絡をすると言われて連絡がこなかったりというのは実はよくあること。実は、キャバクラは同じ女の子で同じお店であってもタイミングによって採用になったり不採用になったりと、採用結果が変わるのです。今回は、その理由や不採用になる原因、今後の対応策まで紹介します!

キャバクラの面接で不採用になる原因とは?

キャバクラの面接で不採用になる原因はいくつかあります。

  • 出勤可能日が少ない
  • お店のコンセプトに合わない
  • 容姿、スタイル
  • 年齢

「何度面接を受けても落ちる」という人は、複数が当てはまっている可能性があります。過去に不採用となってしまった人、これからキャバクラの面接を受けたいと思っている人も一緒にチェックしていきましょう!

理由1 出勤可能日が少ない

面接では、どの仕事であっても、「どのくらい働けますか?」と必ず聞かれますよね。もちろん、キャバクラも同じです。むしろ、キャバクラの場合は、リピート客確保のため、どれだけシフトに入れるかを重要視するお店も多いため、週1出勤のシフトの女の子よりもたくさん出勤できて長期間働けるキャストを欲しがるのです。

もしあなたが週1~2日や一回2~3時間など、あまりたくさん働けない場合、シフトを固定したり、お店が忙しい週末は必ず出勤したりすれば、採用されやすくなりますよ!

理由その2 お店のコンセプトに合わない

キャバクラと一言でいっても、コンセプトの違うたくさんのお店がありますよね!

  • 華やかさがコンセプトのキャバクラに清楚系の女の子
  • オトナな雰囲気のキャバクラに明るく派手な女の子

なんとなく違和感を感じませんか? その違和感は正しく、あなたがどれだけ素敵な女性であっても、雰囲気がお店のコンセプトに合わなければ不採用になってしまうのです。

もし採用してもらえたとしても、馴染むのは難しいかもしれません。コンセプトが違って落ちた場合は、合っているお店に変えることで採用されやすくなります。自分が応募しようとしているお店の雰囲気を事前に調べることで、応募してからのイメージの違いに苦しむことは少なくなるはずですよ!

理由その3 容姿に気を遣えていない

男性に対して接客を行うキャバクラでは、容姿というのは一つの大切な要素です。

「じゃあ美人じゃないとダメなの?」

と思うかもしれませんね。しかし、そうではありません! 顔が整っているかは確かに大切ですが、それ以上に大事なのが美意識があるのかどうかやメイクや服装に気を遣えているかどうかなのです。

人によって好みは様々ですが、一般的に求められるスタイルとしては、「高身長」「細身」「巨乳」の3拍子が揃っていれば完璧とされています。店舗によっても求められるスタイルに違いはありますが、仮に身長が低いならヒールをはいて高身長に見せたり、胸に自信がなければヌーブラで胸を強調したりするなどして、綺麗見えするスタイルを目指しましょう!

理由その4 年齢層が合わない

キャバクラで働くのに年齢制限はありません。しかし、「平均年齢」はあります。

キャバクラで働く女の子の平均年齢は「18歳~35歳」とされており、主に20代前半の女の子が働いています。あなたがもし18-19歳でなかなか採用されない場合は、お酒を飲めない年齢として採用を見送られているかもしれません。逆に、30歳以上なら、20歳代の女の子が若い子の多いワイワイしたお店の雰囲気に合わないからと採用されていない可能性があります。また、高級店は採用基準がとても厳しいですし、未経験者はもちろん、経験者でも実力以上のお店ばかり受けていたらほぼ決まらないと思っておいていいでしょう。

30歳以上ならラウンジやクラブ、高級店に行ったり、18.19歳ならノンアルOKのキャバクラや、キャバクラに勤める前にガールズバーで経験を積んだりするのがおすすめです!

自分の年齢に合ったお店に応募すれば、採用率が上がりますよ!

キャバクラの面接で落ちないためには?

「どうしてもキャバの面接に落ちる!」

「面接に落ちないコツを知りたい……」

そんな女の子のために、ここではキャバクラの面接で落ちないためのコツを教えます!

一つ目のコツが、働ける日数や時間を目安よりも多く伝えるようにすることです。もちろん嘘はいけません。しかし、面接では正直過ぎても失敗するのです。そこでおすすめしたいのが、「慣れるまでは週●日で、徐々に増やしていきたい」という伝え方! はじめは少ないけれど、いずれは多くしたいと伝えることで、しっかりと働く意思があると感じてもらえるはずですよ!

二つ目は、面接では清潔感のある服装や濃すぎないメイクで行き、できるだけ笑顔をキープすることです! 笑顔でいれば必ず採用されるということではありませんが、笑顔が素敵な人はキャバクラでは重宝されます。

まとめ

キャバクラは「誰でも受かる!」お仕事ではありません。ですが、不採用になったからといって落ち込む必要はナシ! あなたが悪いわけではなく、お店選びや面接の臨み方に工夫が足りないだけかもしれません。お店にとってあなたが得にならないと判断されてしまわないよう、自分の意思をしっかりと持ち、あなたの輝けるお店でしっかり自己アピールしていきましょう!

初めての場合はお店の雰囲気を知ったり、仕事の内容を体験してから入店したいでしょう。そんな時におすすめなのが、「体験入店(体入)」です。自分に合ったお店を見つけるには体入するのが大切なんですよ。

体入するなら、求人サイトから応募しましょう! 「体入ドットコム(体入ドットコム首都圏版)」なら、お店の様子もチェックしながらスムーズに体験入店できます。

関連記事一覧