キャバクラの営業スタイル「友達営業(友営)」とは?友達営業のやり方とメリット・デメリット

キャバクラの営業スタイル「友達営業(友営)」とは?友達営業のやり方とメリット・デメリット
ナイトトピック

キャバクラの営業方法の1つに「友達営業」というものがあります。どのような営業方法かご存知でしょうか。「友達営業って聞いたことあるけど、具体的にどうすればいいのかわからない」という方のために今回は、「友達営業の特徴やメリット・デメリット」についてピックアップします。

自分に合う営業方法か、これから取り入れていけそうかなどふまえてチェックしてみてください。

友達営業とは?

そもそも「友達営業」とはどんな営業手法なのでしょうか。友達営業は、お客様と友達のような関係を築いて、「とても仲の良い女友達」という位置づけで接客することです。

友達営業をする一番のメリットは、「トラブルが起きにくい」こと。ある程度の長い道のりは覚悟する必要がありますが、恋愛感情を持ち込まないため、上手くいけば長期的な付き合いが期待できます。見た目やスタイルなど女の魅力よりも、トーク力や盛り上げ力など内面が重要になります。

友達営業に向いているキャバ嬢のタイプ

友達営業に向いているキャバ嬢のタイプは、

 

  • ​​掛け持ちやWワークのキャバ嬢
  • 場の雰囲気を盛り上げるのが得意な女性
  • 場の空気を読める女性
  • 乙女なキャラをつくれない女性
  • 基本的なコミュニケーション能力が高い女性

 

などです。昼間に学校や仕事に行ってる女の子にも向いているのもポイントです。

友達営業では、友達という前提がありますから、一緒にいて癒される、話していて楽しい、なんだか一緒にいたいと思わせる力があれば友達営業を上手く回せることでしょう。

下記で詳しく説明する「色恋営業」では、アフターや同伴で高級レストランに連れて行ってくれたり、高いプレゼントをくれたりすることがあります。しかし、友達同士ではそういうことはしませんよね。恋人だからこそするのです。

そのため、「短期間で大きく稼ぎたい人」「一気にたくさんのお金を使ってもらいたい方」は、残念ながら友達営業には向いていません。

友達営業と色恋営業との違いは?

色恋営業は擬似恋愛を求めてくるお客様に対して、時には彼氏として扱う営業方法です。お客様にいろいろとおねだりしやすく、成績に反映させやすいので、稼ぎたいキャバ嬢さんには向いています。

しかし、人を好きで居続けることは非常に難しいです。色恋営業では、お客様が他の女性に興味を持ったり、どれだけ頑張っても自分になびかないことを知ってしまうと恋愛感情が切れてしまうこともよくあります。

また、色恋営業ではお客様と恋愛をして、付かず離れず、諦めさせない駆け引きをしなくてはいけませんから、ある程度テクニックが必要になります。

その点、友達営業は恋愛感情を抱かせる必要がありません。色恋と比べるとあなたと「付き合えるかもしれない女性」としてではなく、「楽しい時間を過ごす友達」という感覚で接するので、告白されることを回避できますし、関係に終わりがありません。また、セクハラやストーカー被害が減ります。

また、友達営業で「お客様の女友達ポジション」を獲得していくことで、見栄を張ってお酒をたくさん飲んだり、毎日連絡を取り合ったりしなくてすみます。そのため、精神的な負担や身体的にきつくなることが少ないのも特徴です。

つまり友達営業は、営業方法の中で、最も関係の上下が少なく、トラブルに巻き込まれることも少ない営業方法ということです。

友達営業のデメリット

誰にでも出来そうな簡単なイメージを持つ方も多いですが、友達営業で成功しているキャバ嬢に熟練者が多いのをご存知でしょうか。実は、メリットの多い友達営業ですが、デメリットもあります。

まずは、友達営業では、来店頻度がそれほど高くありません。よほど深い関係でない限り「お金をたくさん使ってあげよう」「同伴ノルマを助けてあげよう」となってくれる男性は少ないからです。一人ひとりの単価は高くないですが、その分安定した指名数でカバーする方法を考えなくてはなりません。

友達営業が友人のような近い関係であっても、あくまでお客様ということも忘れてはいけません。キャバ嬢が楽しみ、お客様も楽しめるような雰囲気を作ることが友達営業には欠かせないのです。

失敗しない友達営業のやりかた

ここからは、実際に友達営業を行う時にチェックしておきたい友達営業のやり方について見ていきましょう。気を付けたいポイントと一緒に紹介していきますので、一緒にチェックしてみてください。友達営業で危険な目にあったり、失敗したりしないためにも注意点を確認しておきましょう。

「見極め」が大切

お客様はキャバ嬢に対して、「お金を使えば恋人になれる女性」と考えている人が多いです。友達と思い込んでいて、ある日突然告白などされてしまうと、最初から色恋営業を行っていたときよりも面倒ですよね。

そのため、友達営業では、来店したお客様があなたを口説きたいのか、それともあなたに癒されに来ているのかの見極めが大事です。友達以上に発展しないと分かってしまうと、キャバクラに疑似恋愛を楽しみに来たお客様は確実に離れてしまいます。

もし色恋営業から始まったお客様を友達営業に切り替えたいなら、適切なタイミングを見て切り替える必要があります。下心よりもあなたを応援したいという気持ちになれば、色恋営業からの友達営業が成り立ちます。

女の武器は使わない

友達営業は精神的な負担や身体的にきつくなることが少ないと言われています。それは、色恋営業では短期間で何人ものお客様と疑似恋愛を繰り返す必要があり、精神的にも非常に負担が大きいから。

しかし、色恋営業の方がお客様の気持ちが強く、頻繁に来店してくれます。それはお客様の恋愛感情を利用して、お客様と恋愛関係があるかのように感じさせているから。

ですが、友達営業で女の部分を感じさせると、友達営業はうまくいきません。

お客様の話に興味を示したり笑ったりと、お客様が一緒にいるだけで楽しめるような盛り上げ方が上手いキャバ嬢であれば、色気を使わなくてもお客様の心はキャッチできるはずです。

ただし、友達のような関係といっても対等な立場ではありませんから、お客様とキャバ嬢という関係を超えてしまうことなく、楽しい会話で盛り上がるようにしましょう。

まとめ

今回はキャバ嬢の営業スタイル「友達営業」について解説しました。

キャバ嬢の定番営業である友達営業は、キャバ嬢なら誰しもが経験したことのある営業方法かもしれません。売り上げは低いですが、お客様との継続した関係によって、強い信頼や絆で安定した関係を築けるのが友達営業の特徴です。

色恋営業のように「彼氏だから会いに来て」とは言えませんが、「今日きつい!お店に遊びに来て!」と指名をフランクにお願いできるのは友達営業ならではと言えるでしょう。

実際に売れっ子キャバ嬢には、恋人になれなくても、一緒にいるだけで楽しいと思わせている人が多くいます。自分に向いている営業スタイルを選べば、上手くハマってお客様からの印象もUPするはず!

自分に合ったお店選びなら、「体入ドットコム」がおすすめです。友達営業をマスターして、一人一人を大切にして、長く付き合えるお客様を捕まえていきましょう。

関連記事一覧