【初心者にもわかりやすく解説!】クラブはどんなところ?

【初心者にもわかりやすく解説!】クラブはどんなところ?
ナイトトピック

「クラブホステス」の存在は、以前より身近に感じられるようになったものの、あまり夜職に詳しくない人からしてみればどんな仕事かわからない方も多いでしょう。そこで今回は、クラブ(高級クラブ)とはどんなところで、何をするところなのかについて解説します。この記事を読んで気になったら、あなたもクラブホステスにチャレンジしてみましょう!

そもそもクラブとは?

クラブは、女性の接客のもとお酒を飲むところは他の水商売と変わりありませんが、利用料金が高く、一般のサラリーマンが利用するよりも、よりハイクラスの方が利用する夜のお店です。東京都内だと主に銀座、六本木エリアに多くの店舗があります。

普通の水商売とは違い、接客マナーやノルマが厳しいのが特徴で、クラブで働く男性はホストと呼ばれ、女性はホステスと呼ばれています。ホステスは男性客の隣に座って接客を行います。

クラブの特徴として大きいのが、基本的に会員制となっていること。お客様の年齢層は高く、社長や重役クラス、著名人などが来店します。そのため、一見のお客様の入店を断るケースが多く、働く女性も落ち着いており、20代から30代の女性が多く活躍しています。

クラブはほとんどのお店の店内がボックス席になっています。また、勤務外のお付き合い(同伴・アフター)など必須なところが多いです。

クラブにはママがいる

クラブといえば、忘れてはならないのがママの存在です。ママはお店の全てを取り仕切る役割で、基本的には、自分のお店の経営権を持っている女性を指します。売上の管理、ホステスやボーイの採用から教育、お客様の接客など、お店の経営に関するすべてはママが取り仕切ります。もちろんママはお店の顔なので、ママに会いに来るお客様もたくさんいます。

つまり、お店の中の事で、ママの影響が及んでいない部分はないということ。ママとの相性は、働くホステスにとってとても重要なのはこのためなのです。

永久指名制がある

クラブは、永久指名制になっています。「永久指名」制とは、お客さんが気に入った女の子を、永久的に指名する制度のことです。永久指名をもらったホステスのことを「係」と呼んでおり、他の夜のお店と異なるのは、そのお客さんを他のホステスが接客しても、係の売上になるということです。

服装の規則が厳しい

クラブで働くホステスは服装の規則が厳しいとされています。ホステスはドレスが基本で、お客さんはスーツを着てくるのが一般的です。また、髪型も厳しくチェックされ、相応しくないヘアだとやり直しを命じられることもあります。

クラブの中でも高級クラブと呼ばれるランクの高いお店の場合、身だしなみが乱れていると罰金を課されることもあるので、気を付けましょう。

ヘルプと連絡先を交換してもOK

キャバクラの場合、ヘルプについた女の子がお客様と連絡先を交換するのはタブーとされています。ですが、クラブの場合は連絡先交換が許可されています。その理由は、上記の「永久指名制」です。ヘルプのホステスに乗り換える可能性はほとんどありません。

ですが、連れのお客様でまだ指名をしていない方がいれば、その方を紹介してくれる可能性があります。

クラブに向いている女の子

クラブに向いている女の子は、「落ち着いていて大人っぽい方」「知的な話が好きな方」「上品で綺麗な容姿の方」です。

クラブは通常の夜の仕事とは異なり、企業の役員や社長さんなどの重役クラス、著名人などが来店されることが多いです。お客様の話題についていくことがクラブのホステスに求められています。ですから、最新の経済や政治の勉強をするのが苦手ではない方で、身だしなみにしっかり気を遣える方がクラブに向いている女の子の特徴といえるでしょう。

クラブの種類

クラブには、おおきく3種類あります。どのクラブにも特徴があり、おすすめしたいポイントがありますので、一緒にチェックしていきましょう。

ミニクラブ

ミニクラブとは、ママを初めとするホステスの人数が8〜10名程度の小規模クラブのことです。後述の規模の大きなクラブに比べて料金設定が安いので、ホステスのお給料も比較的安めです。

ミニクラブのメリットは、上記で説明したような厳しいノルマやペナルティが基本的に少ないということ。業界未経験の方でも比較的応募しやすいため、その後高級クラブで働きたい方はおすすめの業態と言えます。

アットホームクラブ(中級クラブ)

アットホームクラブは中級クラブとも呼ばれ、高級店に近いお店からミニクラブのような規模感まで幅広くあります。ミニクラブに比べると単価が少し高めになり、ホステスの日給も高くなります。

こちらのアットホームクラブはミニクラブよりも安定して出勤できる女性が好まれますが、厳しいノルマは無いお店がほとんど。無理せず働くことが可能です。

高級クラブ

最後に紹介するのが、高級クラブです。上記で紹介したように、ほとんどの店舗が一見さんお断りの完全会員制。お客様が払うお金も、初回でボトル込み約6〜8万ほどかかることもあります。

ミニクラブやアットホームクラブに比べて給与水準が高く、お客様を持っていない「ゼロヘルプ」の女性であっても日給平均約30000〜50000円となります。

また、日給以外の報酬として、売上が上がるとそれに応じて歩合給が日給にプラスされる「日給スライド」や同伴の回数が多いホステスへの賞金として「同伴賞」なども用意されており、稼ぎやすいのが大きなメリットと言えるでしょう。

それに伴って採用基準も高くなり、ルックスや経験、出勤日数が問われます。まったくの未経験の方は難しいと思いますが、他業種で接客の経験のある方であれば可能性はあります。

まとめ

クラブにはママがいます。そのため、ホステスとして働く時はその点に注意する必要があります。ママのタイプによっては、働きにくい可能性もあります。逆に、働きやすくなる可能性もあるでしょう。お店にどんなママがいるのか必ず確認しておきたいですよね。

しかし、お店の雰囲気などをナイトワークの求人情報から知るのは意外と難しいもの。だからこそ、お試しで働ける体験入店が大切になります。¥

体入するなら求人サイトから応募するのが一番。オススメなのが、「体入ドットコム(体入ドットコム首都圏版)」です! 働きたいお店の雰囲気、働く場所など、ナイトワークの求人を細かく条件を指定して検索できますよ!

ナイトワーク専門求人サイト「体入ドットコム」であなたにピッタリのお店を見つけましょう。

関連記事一覧