キャバ嬢は賃貸物件を借りにくいってホント? 部屋探しのコツや入居審査のチェックポイントとは

ナイトトピック

華やかなイメージを持つキャバ嬢ですが、部屋が借りられないという話を耳にしたことがある方もいるかと思います。賃貸借契約を結ぶときには入居審査を通過する必要があり、どのようなポイントがチェックされるのかを押さえておく必要があります。今回は、キャバ嬢がスムーズに部屋を借りるためのポイントを解説します。

キャバ嬢が賃貸物件を借りづらい理由とは

キャバ嬢が賃貸で部屋を借りる際に審査に通りづらいといわれている理由が収入面での問題だと思っている方が多いのではないでしょうか。しかし、最大の問題は収入面ではなく、生活する時間帯なのです。

大家さんや管理会社は、「トラブルを起こす可能性が低い・ない人に入居してもらいたい」と考えます。キャバ嬢などの水商売だと、深夜や明け方などの帰宅や、泥酔しての迷惑問題など、トラブルが起きやすいという懸念から、入居審査に通りづらくなるのです。

とはいえ、収入面でも、「収入が少ない月は家賃を払ってくれない」と見なされて入居を認めてくれない場合があります。この場合は、在職証明書や源泉徴収票を発行してもらい、通帳のコピーと一緒に渡しましょう。家賃を支払うのに十分な残高があると分かれば、この懸念は解消されやすいはずです。

収入に見合わない家賃の物件を選んでいる場合、審査で落とされてしまう可能性が高くなります。また、夜の勤務がある点が敬遠される場合は、短期間でも昼間の仕事をしておくと審査に通過しやすくなります。身の丈に合った家賃の物件を選び、無理のない範囲で昼の仕事もすることで、より審査に通過しやすくなるはずです。

キャバ嬢が賃貸物件の入居審査に通るためのポイント!

賃貸物件を借りて一人暮らしをする時は入居審査を受けて承認され、物件のオーナーが求めている条件を満たす必要があります。トラブルを避けたい心理でキャバ嬢に部屋を貸すことを躊躇するオーナーや会社が多いため、しっかりと対策をして賃貸物件探しをする必要があります。

ここでは、キャバ嬢が賃貸物件の入居審査に通るためのポイントを紹介します。

ポイント1 水商売入居可の物件を探す

どうしても住みたい物件でも、「水商売不可」という制限を設けている物件の場合、キャバ嬢をしていると住むことができません。最初にキャバクラで働いていても申し込みできるかどうか、不動産屋に確認する必要があります。

いちいち確認するのが煩わしい場合は、『水商売OK』や『夜職歓迎』といった文言が掲載がしてある物件を探しましょう。キャバ嬢やホストなどの水商売の方が多く住むマンションやアパートであれば、生活サイクル等が似ている住人が多いため、トラブルも起きにくいはず。

最近では、キャバ嬢向けの賃貸サイトも増えてきました。

キャバ嬢向けの不動産屋を利用すると、審査に通りやすくなりますし、水商売に偏見のないオーナー・会社にもルートが多いため、交渉がスムーズに進むのもメリットです。水商売専門の不動産会社を選ぶときは、実際にキャバ嬢やホストなどの水商売の方の契約実績があるか、入居後もサポートをしてくれるのかなどを公開している不動産会社を選びましょう。

自分で探すのが難しい場合は、水商売であることを話して不動産屋に探してもらうのもおすすめです。

ポイント2 繁華街の物件を探す

水商売のお店が多くある繁華街の物件を探すことも、キャバ嬢向け物件を探すポイントになります。新宿歌舞伎町や渋谷などの繁華街や、ミナミなど水商売のお店が多いエリアであれば部屋を貸す側もある程度慣れているケースが多いためです。

繁華街にある不動産屋は、キャバ嬢でも受け入れてくれる物件の情報に精通していることも多いです。収入の証明ができて話し方や受け答えをしっかりできれば、柔軟なオーナーや管理会社を紹介してくれる可能性は高くなります。

ポイント3 貸主が部屋を貸しやすいように自分で準備する

貸主がお部屋を貸しやすい条件を自分の側で整えるのも大切です。貸す側の不安や偏見を改善することで、貸主は水商売・キャバ嬢であっても部屋を貸しやすくなるのです。

規模が大きく、知名度のある会社であれば、審査の際に必要な書類もそろえやすくなります。また、預貯金審査(家賃の2年分程度の貯金)をしてもらうのもいいでしょう。

【部屋を借りるのに必要な書類】

  • 所得証明書(源泉徴収票や確定申告書など)
  • 身分証明書
  • 住民票
  • 場合によっては印鑑証明書

また、不動産会社を通じて物件を借りる場合は、不動産屋の担当者が抱いた印象が、そのまま大家さんに伝えられる可能性がある点を押さえておいてください。そのため、「いかにも水商売」の外見も控えましょう。内覧や審査の時にはおとなしめのメイクやファッション、ヘアスタイルでいくことが大切です。

また、連帯保証人を立てられない場合は、保証会社を利用するのもいいでしょう。

まとめ

キャバ嬢が賃貸契約をするには条件があると分かってもらえたでしょうか。しかし、お部屋探しをするとき、不動産会社などを慎重に選び、自分でもしっかりと準備や対策をしておけば、審査をパスして賃貸物件を借りるのは難しいことではありません。

店舗によっては寮完備のお店もあるため、それも選択肢に入れておいてもよいでしょう。とはいえ、多くのお店があるなかで、自分にぴったりのお店を選ぶのは大変です。

そこで、お店選びに「体入ドットコム」(体入ドットコム首都圏版)を活用しましょう。衣食住のうち、住が整わないと仕事に集中して取り組むことも難しいもの。生活の拠点となる安心して暮らせる部屋を見つけて、お仕事を頑張りましょう!

関連記事一覧